ここから本文です。

更新日:2013年6月14日

遊具広場「まるっぱ」

西門のオフィシャルステーション裏に、遊具広場「まるっぱ」が誕生しました!。
平成25年4月20日オープン!

完成予定図

 「まるっぱ」とは・・・「Maruyama Zoo Kids Park」の頭文字をつなげた愛称です。

まるっぱの写真

ジャングルコンビネーション

登ったり、滑ったり、空中散歩をしたりして、いろいろな動物の大きさや動きを感じて遊んでみよう!

 

ジャングルコンビネーション01

ジャングルコンビネーション02

ユキヒョウの昼寝

いろいろな形のネットがあって、楽しい遊びがたくさんだよ!
寝転んでみたり、かごの中でゆらゆら揺れたりして、気持ちよく遊んでみよう!

 

ユキヒョウの昼寝

 

プレーリードッグの巣穴

横に開いている穴から入ってプレーリードッグの巣穴を探検してみよう!
覗き穴から外を見てみたり、違う穴から出たりしてみよう!

 

プレーリードッグの巣穴01

プレーリードッグの巣穴02

小動物の広場

芝生が張られていて、また柵で囲まれている小動物の広場は、小さなお子様が安全に楽しく遊べる空間です。

 

小動物の広場01

小動物の広場02

 

検討の過程

ここでは、遊具広場「まるっぱ」ができるまでの検討経過をお知らせします。
計画案をもとに工事方法や予算などの制約を踏まえた結果、上でご紹介した完成図ができあがりました。
お子さんたちはきっといろいろな楽しみ方をしてくれると思います。楽しみです。

工事の様子

建設時(平成25年1月~3月)は雪が多くて大変だったそうです。
工事現場のみなさま、お疲れ様でした!

工事中の様子

第3回検討会議を行いました(平成23年10月26日)

これまでの検討会の内容や、アンケート、児童会館等の子どもたちへのヒアリングの結果をもとに、遊びの広場(仮称)の計画案をまとめました!
詳しくはニュースレターをご覧ください。

ニュースレター第3号の表ニュースレター第3号の裏

第2回検討会議を行いました(平成23年8月18日)

札幌市立大学の先生や円山動物園職員、札幌市みどりの推進部の職員が集まって、第1回検討会の内容や、7月30日に実施したイベントで行ったアンケート結果をもとに、遊びの広場のイメージについて話し合いました。
詳しくはニュースレターをご覧ください。

ニュースレター第2号の表ニュースレター第2号の裏

「遊びの広場」イベントを行いました(平成23年7月30日)

小学生以下のお子様を対象とした、自由に遊べる空間「遊びの広場」を開催しました。
自由に組み立てたり、移動させたりできる遊具の設置や、段ボールで動物の模型をつくる体験コーナーを実施し、沢山のお客様に楽しんでいただきました。

「遊びの広場」イベント写真01

木製の遊具

「遊びの広場」イベント写真02

スプリング遊具

「遊びの広場」イベント写真03

移動したり、組み合わせた遊びができる遊具

「遊びの広場」イベント写真04

宇宙船みたいになりました。
すごい!

「遊びの広場」イベント写真05

カンガルーの模型です。
かわいく塗ってもらいました。

 

 

第1回検討会議を行いました(平成23年7月21日)

札幌市立大学の先生や円山動物園職員、札幌市みどりの推進部の職員が集まって、現地の確認や事前アンケート調査の結果をもとに、整備の考え方について話し合いました。
詳しくはニュースレターをご覧ください。

ニュースレター第1号の表ニュースレター第1号の裏

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428