ここから本文です。

更新日:2017年4月11日

サル山

さる山

直径25mの円形放飼場で、深さ4.5mの堀をめぐらし、中央部には福井県の景勝地東尋坊を模した岩山を造り、擬木・池・洞窟など自然の景観の中に野生のニホンザルを展示しています。
昭和57年に京都府から引き取った61頭に始まり、現在、26家族、約80頭が暮らしています。
2006年4月には、サル山に併設した展望レストハウスがオープンしました。ガラス越しにゆっくりニホンザルを観察でき、子供たちが遊ぶスペースも充実しています。また、給餌の際にはガラスのすぐそばに餌を撒きますので、ニホンザルと向かい合ってお弁当を食べてみるのも面白いかもしれません。


園内施設マップへもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428