• ホーム
  • 総合案内
  • 施設案内
  • 動物紹介
  • イベント情報
  • ドキドキ体験
  • 環境を学ぼう

ホーム > 動物紹介 > 動物に関するご相談について

ここから本文です。

更新日:2016年4月14日

動物に関するご相談について

円山動物園では、動物に関する一般的なご相談をお受けしております。

動物相談窓口

  • 電話 011-615-8080
  • 受付時間 9時~15時30分

お電話の前に、下記のよくある質問、並びに「動物についてのお願い」をよくお読みください。

 

よくある動物についてのご相談

ミドリガメ・ゼニガメ・ウサギなどペットを引き取ってほしい

 円山動物園ではペットの引き取りは行っておりません。インターネット、新聞、ペットショップでの掲示などを利用して、ご自身で引き取り先を探してください。
 なお、イヌとネコについては、動物管理センターにお問い合わせのうえ、ご確認ください(電話:011-736-6134)

飼っているカメが卵を産んだ

 まずオスとメスで飼育しているかどうかを確認してください。メスだけでの飼育ですとその卵は無精卵なので、かえりません。有精卵の可能性がある卵で、子ガメを飼育したい場合は、ふ化方法をお伝えいたしますので、円山動物園までお電話ください。
 ただし、有精卵であっても、水の中に産んだ場合や、卵をひっくり反してしまった場合は、ふ化は難しいです。

野鳥のヒナを拾った

 拾ってまだ時間がたっていない、もしくはその場からまだ動いていない場合は、親鳥がそばにいるはずですので、枝に止まらせるなどしてそっとして置いてください。
 すでに保護して時間(1日ないし数時間)がたってしまっている場合、人工で育雛(いくすう)をし、成長したら放してください。

カラスが庭などに巣を作っていて、攻撃してくる

 カラスが不特定の通行人を襲うような場合には、帽子をかぶる、傘をさすなどの自衛手段をとってください。
 カラスは野鳥であるため鳥獣保護法の適用を受けており、卵・ヒナがいる巣が原因で人を威嚇している場合は、有害鳥獣捕獲許可を取って巣を撤去することになります。
 巣を撤去するのは、巣ができている施設の管理者(所有者)です。
 個人・会社等の敷地内にある巣は、土地の所有者に処理していただくことになります。

管理者

公園、街路樹(市道・道道)にできた巣の撤去

札幌市が管理している樹木に巣があり、被害を受けるような状況であれば、撤去する場合があります。公園内や街路樹に巣がある場合は、土木センターにご連絡ください。

各区土木センター維持管理課公園緑化係
業務時間:月曜~金曜 8時45分~17時15分(土曜・日曜・祝日は休み)

 

中央区土木センター 011-614-5800
北区土木センター 011-771-4211
東区土木センター 011-781-3521
白石区土木センター 011-864-8125
厚別区土木センター 011-897-3800
豊平区土木センター 011-851-1681
清田区土木センター 011-888-2800
南区土木センター 011-581-3811
西区土木センター 011-667-3201
手稲区土木センター 011-681-4011

休日・時間外のお問い合わせ先(道路の維持管理・公園に関する緊急問い合わせ)

道路情報管理室

電話:011-708-0303

国道の街路樹にできた巣の撤去

北海道開発局札幌道路事務所 電話:011-811-2261

※国道231号及び337号につきましては管轄がこちらになります⇒札幌道路事務所当別分庁舎 電話0133-23-2074

電柱にできた巣の撤去

北電柱

北海道電力 電話:011-251-1111

NTT柱

NTT-ME 電話:011-643-1224 または 0120-444-113

民有地(個人の庭の木)にできた巣の撤去

木の管理者(所有者)
※札幌市では、個人の家の庭の木にあるカラスの巣の撤去はしておりません。
※空き地にできた巣についても、土地の管理者(所有者)に撤去していただく事になります。
「所有者がわからない」場合も、所有者については個人のプライバシーに関するため、お調べすることはできませんので、法務局の登記簿を見る(有料)などの方法によりご自分で確認してください。
※空の巣(卵・ヒナがいない巣)については、許可は必要ありません。自由に取ることができます。

有害鳥獣捕獲許可申請についてのお問い合わせ先

環境局環境都市推進部環境管理担当課熊対策調整担当係

電話:011-211-2879

 

ページの先頭へ戻る

スズメ・セキレイなど小鳥が巣を作った

 スズメなどの小鳥は13日前後でふ化し、2週間ほどで巣立つので、できれば巣立つまでそっと見守ってあげてください。

カモのヒナ(もしくは親子)を保護した

 水辺は外敵が多いので、カモは川などから2キロ以上も離れた場所に巣を作ることもあります。
 できるだけそっとしておくのがよろしいのですが、万一保護してしまった場合はできる限り親子ともに保護し、川に放してあげてください。ヒナだけを保護しても川に放すことができません。
 ヒナだけ保護しても、親鳥の姿がすでに見えなくなってしまうと川へ放せず、人の手で育てるしかなくなってしまいます。

怪我などで弱っている野鳥など(野生鳥獣)を保護した

 野生の鳥獣は、ある程度のケガならば自然に回復するたくましさを持っていますので、なるべくそのままにしておいてください。
しばらくその動物を観察し、むやみに手を触れたりせず、元気であればそっとしてあげてください。
 巣から落ちたヒナを見つけても持ち帰らず、巣にもどすか枝に止まらせるなどして、立ち去りましょう。
ヒナの場合には、近くに巣があり親がいるはずなので、そっとしておいてください。

保護した場合

 元気になった動物は、発見した場所や同じような環境の場所、自然の豊かな場所に放して、仲間のもとに帰してあげましょう。
 野鳥のヒナを保護してすでに時間(1日ないし数時間)が経ってしまっている場合、人工で育雛(いくすう)をし、成長したら放してください。育てる方法は円山動物園までお尋ねください。

手におえない場合は

 石狩支庁環境生活課自然環境係にご相談ください。傷病鳥獣の治療を依頼できる(社)北海道獣医師会の指定動物病院をご紹介します。
※土・日、祝日などの場合、支庁では対応できませんので、近くの動物病院に連絡して、傷病鳥獣の受入れが可能かを事前に確認の上、直接持ち込んでいただくこととなります。
 札幌市及び札幌市近郊の場合は、円山動物園でも道の委託動物病院を紹介できます。該当の病院へ電話連絡の上連れて行ってください。
※狩猟により傷ついた鳥獣や、カラス・鳩・スズメ・キツネなどの有害捕獲の対象鳥獣、在来の野生鳥獣の生態に悪影響を与えている外来動物のアライグマなどは、原則として傷病鳥獣としての保護対象とはしません。

お問い合わせ先

  • 石狩振興局環境生活課自然環境係
    電話:011-204-5825)※直通
  • 石狩振興局環境生活課主査(動物管理)
    電話:011-231-4111 内線34-384
  • 石狩振興局環境生活課自然環境係
    電話:011-231-4111 内線34-381

※土・日曜日、祝日、夜間など閉庁時は対応しておりません。

ハトがベランダに巣を作る

 卵・ヒナがいる巣の場合で、糞により生活衛生環境が悪化する場合は、有害鳥獣捕獲許可を取って巣を撤去することができます。
 撤去した後はできるだけそこに物を置かないように整理すると、ハトが来にくくなります。
 空の巣(卵・ヒナがいない巣)については、許可は必要ありません。自由に取ることができます。
 そして、ハトが寄り付かないようにしましょう。ベランダなどに止まれないよう、剣山状の金物や網を設置したり、キラキラ光るものを置くなど、工夫をしましょう。
 ハトが隠れやすい場所はありませんか。また、近くに餌付けをしている人はいないでしょうか。ベランダに物を置いていると隠れる場所もあり、ハトにとって居心地も良いので来やすい上に、そこに居ついてしまう心配もあります。物を整理してハトが来るたび追い払う、テグスや市販のハト避けグッズなどでハトが来るのを防いでください。

有害鳥獣捕獲許可申請についてのお問い合わせ先

環境局環境都市推進部環境管理担当課熊対策調整担当係

電話:011-211-2879

 

ページの先頭へ戻る

カブトムシがマットの上で蛹(サナギ)になってしまった

 マットの上で蛹になっても、体が半分ほど埋まるくぼみがあれば大丈夫です。蛹にかからないよう霧吹きなどで湿度を保ってあげてください。
 完全に平らな上に蛹が転がっている状態だときれいに羽化できない可能性が高くなるので、そうした場合は人工蛹室(ようしつ)を作ってあげてください。(園芸店などで売っている緑色のオアシスをくり抜いたものが適当です)

カブトムシ・クワガタに白い小さな虫がついている

 それは虫につくダニです。マットを全て交換して、飼育容器も煮沸消毒し、カブトムシは緩く流した水道水と歯ブラシで軽くこすって洗ってあげてください。

冬にチョウが室内で羽化してしまった

 本来なら冬を越えて春に羽化する越冬蛹だったと思われます。室内は温度が高いので、早く羽化してしまいます。外に放しても死んでしまいますので、そのまま飼育してあげてください。(10%の砂糖水で飼育できます。2~3週間ほど生きます)

庭にヘビが出るので、ヘビが嫌うものを教えてほしい

 ニコチンを嫌うようですが、持続して効果があるものではありません。ヘビ避けのような薬も市販されてはいますが、大抵は雨などで流れてしまい、強力な薬だと人間や自然にも影響が出てしまいます。
 下草を刈るなど、隠れ場所をなくすと出にくくなります。

飼い主がわからないペットについて

迷子のペットを保護した

 動物管理センターにご連絡ください。ペットの行方不明情報と照合します。また、最寄りの交番にも届け出るようにしてください。

公共の場所に、負傷した飼い主が分からないペット(動物)がいる

 犬・ねこ、足環(あしかん)のついたハト等の場合は、動物管理センターまでご連絡ください。動物愛護の観点から保護収容します。平日の夜間、土曜日、日曜日、祝祭日も対応しています。
飼い主が分からない犬が放れている
 警察または動物管理センターまでご連絡ください。人や他の動物への危害防止、動物愛護の観点から保護収容します。平日の夜間、土曜日、日曜日、祝祭日も対応しています。

所有者不明のねこについては、警察、または平日の8時45分~17時15分に動物管理センターへご連絡ください。

お問い合わせ先

  • 動物管理センター
    札幌市西区八軒9条東5丁目(電話:011-736-6134)
  • 動物管理センター福移支所
    札幌市北区篠路町福移156番地(電話:011-791-1811)
野生の動物・鳥等が負傷しているのを見つけた場合は、石狩支庁環境生活課自然環境係へご連絡ください。

お問い合わせ先

石狩振興局環境生活課自然環境係
電話:011-204-5825 ※直通
電話:011-231-4111 内線34-384

 動物についてのお願い~動物を飼うということと、野生動物を保護することについて~

動物の飼育

 一度飼った動物には責任を持ってください。飼い始めるとき、彼らを最後まで飼育できるか否かを充分に考えてから飼うことを切にお願い致します。
 動物の中には、何十年も(時に人間より長く)生きるものもいます。動物の寿命を踏まえて、終生飼育は可能か、また、引越しやご家庭の事情等で飼えなくなることはないか、いざというときに自分の代わりに飼ってくれる人はいるか、よく検討したうえで飼育してください。
 決して、途中で捨てないで下さい。特に、道外や海外から持ち込んだカメや昆虫などの外来種は、本来北海道に生息する在来種を圧迫し、生物多様性を損なう悪影響をもたらすことがあります。

野生動物の保護

 野鳥については、できるだけ自然に任せて傍観することをおすすめします。
 野生鳥獣は一般家庭での飼育を許されていませんので、保護して飼育することになっても回復すれば自然に帰してください。(そのまま飼育して3~4年ほどしてから手放したい、動物園で引き取ってほしい、というご相談のお電話をしばしば頂きます)

 

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428