ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

予算・決算

札幌市では、当初予算の編成、補正予算の追加、決算の調製というサイクルで年間の財務活動を行っています。

29年度予算

一般会計の当初予算は、前年度より600億円、6.4%増の9,965億円となりました。

28年度予算

一般会計の当初予算は、平成27年度肉付後予算と比較すると355億円、3.9%の増の9,366億円となりました。

27年度予算・決算

一般会計の当初予算は、骨格予算として、前年度より126億円、1.4%減の8,722億円となりました。肉付後予算は、前年度当初予算より、163億円、1.8%増の9,010億円となり、その後、296億円の補正予算を追加し、最終予算は9,306億円となりました。決算は、歳入8,878億円、歳出8,808億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額31億円を差し引いた約39億円の黒字となり、そのうち19億5千万円を財政調整基金に積み立てました。

26年度予算・決算

一般会計の当初予算は、前年度より324億円、3.8%増の8,848億円となりました。456億円の補正予算を追加し、最終予算は9,303億円となりました。決算は、歳入8,911円、歳出8,827億円億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額39億円を差し引いた約45億円の黒字となり、そのうち23億円を財政調整基金に積み立てました。

25年度予算・決算

一般会計の当初予算は、前年度より2億円増、ほぼ同額の8,524億円となりました。506億円の補正予算を追加し、最終予算は9,030億円となりました。決算は、歳入8,517億円、歳出8,420億円億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額41億円を差し引いた約56億円の黒字となり、そのうち29億円を財政調整基金に積み立てました。

24年度予算・決算

一般会計の当初予算は、平成23年度肉付後予算と比較すると137億円、1.6%減の8,522億円となりました。460億円の補正予算を追加し、最終予算8,982億円となりました。決算は、歳入8,442億円、歳出8,371億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額52億円を差し引いた約19億円の黒字となり、そのうち10億円を財政調整基金に積み立てました。

23年度予算・決算

一般会計の当初予算は、平成22年度予算に引き続き前年度比が増となり、前年度に比較すると235億円、2.9%増の8,464億円となりました。現在は平成24年第1回定例市議会で可決された第8号の補正予算を含め、8,847億円の予算規模となっています。決算は、歳入8,358億円、歳出8,245億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額66億円を差し引いた約47億円の黒字となり、そのうち24億円を財政調整基金に積み立てました。

22年度予算・決算

一般会計の当初予算は、前年度に比較すると349億円、4.4%増の8,229億円となりました。483億円の補正予算を追加し、最終予算8,712億円となりました。決算は、歳入8,339億円、歳出8,241億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額72億円を差し引いた約25億円の黒字となり、うち13億円を財政調整基金に積み立てました。

21年度予算・決算

一般会計の当初予算は、前年度に比較すると118億円、1.5%増の7,880億円となりました。843億円の補正予算を追加し、最終予算8,723億円となりました。決算は、歳入8,190億円、歳出8,172億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額14億円を差し引いた約4億円の黒字となり、うち2億5千万円を財政調整基金に積み立てました。

20年度予算・決算

一般会計の当初予算は、前年度に比較すると40億円、0.5%減の7,762億円となりました。462億円の補正予算を追加し、最終予算は8,224億円となりました。決算は、歳入7,645億円、歳出7,623億円となりました。収支はこの差額から翌年度への繰越額12億円を差し引いた約10億円の黒字となり、うち5億円を財政調整基金に積み立てました。

19年度予算・決算

18年度予算・決算

過去の予算・決算

年間の財務の流れ

このページについてのお問い合わせ

札幌市財政局財政部企画調査課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎11階

電話番号:011-211-2216

ファクス番号:011-218-5147