ここから本文です。

更新日:2017年10月17日

奨学金への寄付募集

札幌市教育委員会では、経済的理由で修学困難な学生や生徒に奨学金を支給するために、皆さまからの寄付を募集しています。

札幌市奨学金の財源

奨学金は、基金の運用益と市の歳出によりまかなっています。札幌市奨学金は、高校・大学生等に返済の必要がない奨学金を支給する制度で、昭和26年の発足から延べ25,000人以上の学生・生徒を支えてきました。

奨学金は、「奨学基金」から毎年生み出される運用益(利子収入)と、札幌市の歳出予算により、まかなっています。

しかし、近年の低金利による運用益の減少、予算の削減等により、奨学金の財源を十分に確保することが難しくなる恐れがあります。

ぜひ皆さまのお力をお貸しください。

皆さまからのご寄付は、この「奨学基金」に積み立てられ、未来に渡って札幌市の子どもたちを支え続けます。

これまでの奨学基金・奨学生の状況

寄付のお申込み方法

事前にインターネットまたは郵送等によりお申込みください。

インターネットによるお申込み

寄付申込みフォームに必要事項を記入して送信してください。

※「寄付先の分野」欄は「奨学基金」を選択してください。

郵送等によるお申込み

「寄付申出書」に必要事項を記入の上、郵送・FAX・持参いずれかの方法により、教育推進課へご提出ください。寄付申出書は、下記リンクよりダウンロードできるほか、ご希望の方には郵送いたします。

寄付申出書の提出先・連絡先

札幌市教育委員会教育推進課

〒060-0002札幌市中央区北2条西2丁目STV北2条ビル3階

電話:011-211-3851/ファクス:011-211-3852

ご入金手続き

お申込みを確認できましたら、納入通知書(払込用の用紙)をお送りします。

金融機関の窓口にお持ちになって、寄付金を納入してください。

直接教育委員会にご持参されたい場合は、事前にご連絡の上お越しください。

所得税・住民税の優遇措置

寄付された方については、所得税及び住民税の優遇措置を受けられる場合があります。

寄付をいただいた後にお送りする「受領証明書」により手続きをしてください。

寄付者のご紹介

これまでご厚志をいただいた方をご紹介しています。

奨学生からの感謝の声

皆さまからのご厚志によって支えられている奨学生等から感謝の声が届いています。

平成28年度札幌市奨学生からの感謝の声

  感謝の声
高校生  寄付をしていただいた方たちへの感謝を忘れず、勉学に励み、私が社会人になったら、寄付ができるような大人になりたいです。
高校生  札幌市奨学金を受けたことにより、寮での生活を含め、様々な活動をすることができております。寄付金をくださった皆様に深く感謝申し上げます。
 学びたいことを学べるありがたさと感謝の気持ちを忘れず、これからを歩んでいきます。 
高校生の保護者  奨学金で、参考書、部活等、子どもの学校生活にかかるお金に充てさせてもらっています。
 将来は皆様に恩返しができるよう、より一層勉学に励んでもらいたいと願っています。ありがとうございます。
高校生  皆様のおかげで、とても学びたかったことができて、本当に感謝しております。ありがとうございます。
高校生  私が高校生活を楽しく過ごせているのは、奨学金のおかげであり、皆様からの寄付のおかげです。
 高校生活の中でつらい日もありますが、自分はたくさんの人から支えられていることを念頭に置き、学業に励んでいきます。本当にありがとうございます。
高校生  札幌市奨学金は、交通費、教科書代、制服代など、学業に必要不可欠な部分での経費に役立てられ、とても助かっております。在学中、継続採用になり、安心して学校に通うことができ、大変感謝しております。
高校生の保護者  長女の大学の学費が高く、生活が大変なため、次女の奨学金は本当に助かっています。
高校生  皆様の寄付によって、将来に向けての階段づくりを少しずつ進められています。心からの感謝を申し上げたく思います。ありがとうございます。
高校生の保護者  札幌市奨学金をいただくことにより、知識を増やしたい、技術を習得したいことに力を入れることができております。
 母子家庭ですが、本人のやりたい挑戦したいことをさせてあげられるのも寄付をくださった方々、皆様のおかげだと思っております。ありがとうございます。
高校生  もらった奨学金で今もこうして勉強が続けられて、とてもうれしいです。
 この恩を忘れずに、これからも勉学に励み精進していくつもりです。
高校生の保護者  何かとお金のかかるこの時期に奨学金をいただけることに感謝しております。
 息子にもたくさんの方々に支えてもらっていること、またいずれは大人になり、支える側になっていくことも話しております。いつもありがたく思っています。
高校生の保護者  昨年、母が腎臓病になり、就業がさらに難しい状況になりましたが、奨学金のおかげで、本人は勉強と部活(サッカー)を頑張り、何とか他の子と同じ程度の高校生生活を送ることができています。
 将来、どこの大学に行きたい、何になりたいなど、親子で話をする回数が増えました。奨学生になれたことは本人の励みになっています。
高校生の保護者  思わぬ夫の死去により収入も減り、子どもに充分な教育を受けさせることができるのか、本人の希望を叶えてあげられるのか、不安の中、奨学金を受給できることをとても感謝しております。
 金銭面での不安は子どもにさせたくないところです。奨学金があることが、大きな支えになっております。ありがとうございます。
高校生  たくさんの寄付金ありがとうございます。
 社会に出て恩返しできるよう、一生懸命勉強していきます。
高校生の保護者  私が病気の治療中でもあり、母子家庭でもあり、本当に助けられております。
 息子が大学進学の希望も捨てずに通学できていることに感謝しております。いつか寄付ができるように頑張ってほしいと願っています。
高校生  皆様のおかげで、今、私は充実した学校生活を送り、進路実現のために日々勉学に励んでおります。本当に感謝してもし尽せないと思っています。
 ですので、社会へ出た後に少しずつでも恩返しをしていきます。ありがとうございました。
高校生  寄付をしていただいた皆様のおかげで、私は今、充実した学校生活を送ることができています。
 高校ではできないと思っていた部活動も、この奨学金のおかげでこれまで続けられています。
 皆様への感謝を忘れず、部活動、勉学ともに努力を続けていきたいと思っています。本当にありがとうございました。
高校生  とても感謝しています。
 自分も将来は寄付することができる人間になりたいです。本当にありがとうございます。
高校生の保護者  皆様には感謝申し上げます。本当にありがとうございます。
 母子家庭のわが家にとって、子どもの進学への思いに、ちゃんと協力していけるのか、何かあったらどうしようかと不安のある日々です。そんな中、この奨学金を知り申込みました。
 学業関係に使わせていただいています。ありがとうございました。
高校生  皆様のおかげで学費の心配をせずに勉強、部活に励むことができています。
 今後も勉強を疎かにせず、学校生活を楽しんでいきたいと思います。
高校生

 身近な所からの支援だけでなく、名前もわからない方から自分の高校生活のために奨学金をもらっていることはとてもありがたいことですし、責任感もあります。
 周りの人とは違い、勉強に対して、より一生懸命に自分のためだけでなく、支援してもらうためにふさわしくならないといけないと感じています。
 今年度も学生生活をより充実させ、進路実現に向けて歩んでいこうと思います。

高校生  私も私の母も札幌市奨学金のおかげでとても助かりました。
 まだ、これから大学へ進みたく思っており、その時も力を貸していただけたらと思っております。
 大学卒業後は自分が利用させていただいた分、今度は働きながら後輩のために寄付をしたいと思っております。ありがとうございました。
高校生の保護者  皆様の温かい気持ちで娘を高校に進学させることができました。ありがとうございます。
高校生  自分のような経済的な理由で苦労している人が、この奨学金制度のおかげですごく助けられています。
 また、寄付をしてくださる方々への感謝を忘れず、これから進学し、将来、自分も寄付をしていけるよう努力していきたいです。
高校生  学業と部活を両立することができているのは、奨学金があったからです。全国大会にも出場し、充実した毎日を送っています。
 本当にありがとうございます。
高校生  支援していただいているので、学業に専念し、将来は少しでも社会に貢献できるよう目標を持って勉強しております。
 医療関係の仕事に就くのが夢ですが、皆様の基金を大切に使い、なお一層努力してまいります。本当にありがとうございます。
高校生  奨学金の寄付により、勉学に金銭面に、なんの不安も無く集中できたと思います。
 私は奨学金のお金がどこから出ているのか知りませんでしたが、市民の皆様や企業の方々の働いたお金を寄付していただいているということを知り、より一層勉強に励み、高校生活をできる限り、精一杯毎日過ごしたいという思いが高まりました。
 本当にありがとうございました。感謝の気持ちしかありません。
高校生  5人姉弟の長女です。「思うぞんぶん」と思いはありながら、「ひとにぎり」しか与えることができない中、一握りの幅を広げていただけ、大変光栄に思います。
 ありがとうじゃ足りないのは重々承知ですが、心から感謝を伝えたいです。未来へ向かって無限大の可能性を引き出していきます。ありがとうございます。
高校生  寄付金、本当にありがとうございます。
 皆様方のまごころのおかげで、私は安心して学校に通い、学びたいことをのびのびと学び、目指す目標や夢に向かっていくことができています。この感謝を忘れず、いつかこと御恩に報いることのできるような人材へと成長していきます。
高校生  どうしても行きたかった学校が私立のため、家族で金銭面で悩みましたが、奨学金制度があり、入学を決意することができました。
 寄付をしてくださった方々に恥じないように、学校生活を過ごしていきたいと思います。ありがとうございます。
大学生  市民や企業の皆様からのおかげで、大学生活を無事送れていることを感謝しています。
 これからも、この気持ちを忘れることなく、学業に取組み、日本や札幌市の役に立てるように頑張りたいと思います。
大学生  このようにして、奨学金をいただいているおかげで現在の自分の学びたい学問を学ぶことができています。
 学んだ学問を活かして、将来社会に貢献することができる人材になれるよう、頑張ります。
大学生  本奨学制度は、僕に札幌市民としての自覚と勉強に勤しむことをサポートしていただいている安心感を与えてくれます。その期待を無にしないよう、日々精進していきます。
大学生  高校生の頃より、札幌市奨学金の支援を受け、学業に取組んできました。
 私は今年度で大学を卒業する予定ですが、これまで充実した学生生活をおくることができたのは、札幌市奨学金があったからこそと思っています。寄付をくださり、学生生活を支えてくださいましてありがとうございます。卒業まで学業に専念し、卒業後には市民の皆様のお役に立てるよう努力して参ります。
大学生  アルバイト収入、奨学金で無事に4年に進級できました。現在、就職活動の真っ最中です。
 希望する企業に就職し、社会に貢献することがいただいた奨学金へのお礼になると思い頑張ります。
大学生  本来であれば困難だった大学進学をすることができ、将来に向けて視野を広げることができました。
 地域社会に役立つ職に就いて、しっかりと恩返しをしたいと考えます。私の将来の可能性を広げてくださった皆様に心より感謝申し上げます。
大学生  札幌市奨学金のおかげで、私は大学で思う存分学ぶことができました。
金銭面から断念しかけていた留学もすることができました。
 札幌市奨学金に携わっている方々、寄付していただいた方々、誠にありがとうございます。この御恩を忘れず、札幌市に、日本に、世界に御恩返ししていく人材になります。
専門学校生  自宅から遠く、交通費が高額となる学校に通っています。札幌市奨学金のおかげで交通費の負担が軽くなり大変感謝しています。本当にありがとうございます。
 辛いこともある学校生活ですが、これからも頑張っていきたいと思っています。
専門学校生  私は現在、アルバイトの収入と奨学金で学費を賄っており、奨学金無しでは学校に通うことができません。ですので、寄付をくださっている方々には本当に感謝しております。
 現在は、寄付をくださっている方々のおかげで学校に通うことができておりますが、将来は自分も寄付をしてあげられる側になれるよう、精一杯頑張ります。
大学生  私は将来の夢を追い、関東の大学に進学しました。それが可能になったのも、皆様からの寄付金のおかげです。
 大学生活を有意義に過ごし、将来は皆様のように札幌市に貢献できるような人物へと成長していきたいです。
大学生

 現在私は教師になることを目指し、アルバイトをしながら充実した大学生活を過ごしています。

 5年前に父が病気で他界し、大学進学をあきらめようと思ったこともありましたが、札幌市奨学金を利用し、皆様からの支援のおかげで、夢に向かって頑張ることが出来ています。本当にありがとうございます。

大学生  私たち奨学生のために寄付をしてくださいまして、誠にありがとうございました。奨学金を有効に使わせていただくことで、大学院での研究や、ボランティア活動に打ち込むことができました。
 メーカーに就職予定なので、人々に役立つものづくりを通じて、必ず社会に貢献していきます。本当にありがとうございました。
大学生  札幌から上京して大学に通っていますが、札幌市の奨学金をいただきとても感謝しています。
 札幌から離れてもなお故郷から恩恵を受けることで、より愛着を感じており、将来何かしらの形でこの恩をお返ししたいと思っています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育推進課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3851

ファクス番号:011-211-3852