ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

札幌らしさバー

札幌らしい特色ある学校教育

札幌市の教育が目指す人間像「自立した札幌人」には、ふるさと札幌への思いを心にもつとともに、国際的な視野をもって、札幌をはじめ様々な地域や国で活躍できる人になってほしいという思いが込められています。

こうした思いを実現する一つとして、札幌の子どもにふるさと札幌に立脚した「学ぶ力」「豊かな心」「健やかな体」などの生きる力を培うため、平成21年度から「札幌らしい特色ある学校教育」を推進しています。

「札幌らしい特色ある学校教育」は、【雪】【環境】【読書】を中核をなす三つのテーマとして、全ての園・学校が共通に取り組むものです。札幌の素晴らしい自然環境・人的環境・文化的環境などを生かしながら、体験的な活動や、生涯にわたり学び・向上し続けようとする意欲を培うための基盤となる学習活動を教育課程に明確に位置付け、知・徳・体の調和のとれた学びを推進しています。

平成30年度に取組開始から10年が経過したことから在り方について再検討し、平成31年度からリニューアルした内容となっています。

※取組概要に関する資料 

  札幌らしい特色ある学校教育の概要(JPG:508KB)

  札幌らしい特色ある学校教育イメージ図(PDF:455KB)

※これまでの取組成果と今後の取組に関する資料

  札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書」(平成31年2月)(PDF:3,111KB) (PDF:3,141KB)

  札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書(概要版)」(平成31年2月)(PDF:486KB)

  札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書(資料:事例集)」(平成31年2月)(PDF:733KB)

  

札幌らしい特色ある学校教育の推進について

中核をなす三つのテーマ

 

雪国札幌を考える【雪】

ゆっぽろ 

未来の札幌を考える【環境】

ちっきゅん

 学びの基盤となる【読書】

おっほん

 

札幌の大切な特色の一つであり、「札幌らしさ」を学ぶための貴重な財産である「雪」を通して、ふるさと札幌への思いを強め、雪に親しみ、雪と共生
しようとする心を培います。
「環境首都・札幌」宣言に基づき「さっぽろ地球環境憲章」を制定した札幌の市民として、四季折々の美しい自然と豊かな文化を次世代に伝え、地球と札幌のよりよい環境を創造しよう
とする心を培います。
「読書」により言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かにするとともに、「知的好奇心」をふくらませ、一生涯にわたり学び続けようとする心を培います。

これまでの主な取組(年度別、研究実践校別)

これまでの主な取組(年度別、研究実践校別)

これまでの主な取組(年度別、研究実践校別)

※これまでの取組事例関連資料 札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書(資料:事例集)」(平成31年2月)(PDF:733KB)

取組を進める上での二つの柱

幼・小・中・高のつながりを意識する視点

  発        信

幼児児童生徒にとって【雪】【環境】【読書】の学びがどのように位置付いているか、一つ一つの取組の関連性、連続性、系統性が生かされているのか、どのような効果があるのかなど、幼児児童生徒の学びや育ちの面から迫ることが取組の一層の充実につながると考えています。

つながりの視点を意識し、異校種間で情報共有や連携した取組を進めることで、学年段階や校種間の違いに応じて活動内容等を整理できるなど、学習効果の最大化が期待できます。

「幼・小・中・高のつながりを意識する視点」をもつためには、互いの情報共有が重要であり、その第一歩として各園・学校の取組を発信することが必要であると考えています。

「発信」により情報共有することで、「幼・小・中・高のつながりを意識する視点」を生かしやすくなるとともに、保護者や地域の方に対する学校の取組への一層の理解や協力が期待できます。

  札幌らしい特色ある学校教育の概要(JPG:508KB)

 札幌らしい特色ある学校教育キャラクター

3kyara子どもたちが「札幌らしい特色ある学校教育」の【雪】【環境】【読書】にかかわる学習に親しみをもって取り組めるよう、平成22年度から三体の「札幌らしい特色ある学校教育キャラクター」が登場しました。このキャラクターは札幌平岸高等学校デザインアートコースの生徒の皆さんによるデザインに、キャラクター名を市立幼稚園・学校の子どもたちから募集して誕生したものです。

 

デザインアートコースの皆さんが考えてくれたキャラクターデザイン一覧(PDF:248KB)

キャラクターが活躍しています!

「ゆっぽろ」「ちっきゅん」「おっほん」の三つのキャラクターは、広報物等にイラストとして登場するほか、各種学校行事やイベント等に着ぐるみが出演するなど、学習活動の普及促進に向けて、幅広く活躍しています。

雪像

「札幌らしい特色ある学校教育」のキャラクター雪像の完成報告会

・平成23年2月4日

・雪まつり西6丁目会場

・制作:札幌平岸高等学校デザインアートコースの皆さん

環境こんてすとの発表の様子 さっぽろこども環境コンテスト2015

・平成27年12月5日(土曜日)

・札幌エルプラザ公共4施設3階ホール

・主催:札幌市環境局・札幌市教育委員会

星置中学校表彰 雪かき・汗かきチャレンジ学校表彰式

・平成27年4月17日(金曜日)

・札幌市立星置中学校体育館

・主催:札幌市教育委員会

三体前面 市立南小学校の朝の活動に出演しました!

・平成27年8月29日(土曜日)土曜参観(地域公開日)

・札幌市立南小学校体育館

・全校道徳の学習に3体が登場。「心がどこにあるのか」を全校のみんなと一緒に考えました。

光陽中2 市立光陽中学校の学校祭に出演しました!

・平成27年9月18日(金曜日)

・札幌市立光陽中学校廊下

・学校祭の展示見学時間に3体が登場。光陽中では「地域の除雪ボランティア」「安春川清掃ボランティア」「朝読書」などに取り組んでいます。学校祭に訪れた保護者や地域の方からたくさん声をかけられたり、一緒に写真撮影をしたりしました。

屯田小全校道徳 市立屯田小学校の全校授業に出演しました!

・平成27年10月2日(金曜日)全校道徳

・札幌市立屯田小学校体育館

・道徳教材「ありがとうとちっきゅんのハート」の読み聞かせをしました。「ちっきゅん」のハートが大きくなった理由を考えたあと、「ありがとう」の気持ちをポストカードに記入し、気持ちを伝えたい人に渡す活動を行いました。

札幌らしい特色ある学校教育推進事業

「札幌市学校教育の重点」に位置付けられた【雪】【環境】【読書】の三つのテーマに関わる取組を具現化するため、「札幌らしい特色ある学校教育推進事業」により、研究実践校事業をはじめとする様々な取組を実施しています。

ゆっぽろ

ちっきゅん

 

おっほん

雪国札幌を考える【雪】

・雪に関する教育課程研究実践校

・さっぽろっこスキーリサイクル

・スキー学習指導者研修会

 

未来の札幌を考える【環境】

 

・環境に関する教育課程研究実践校

・さっぽろっこ農業体験研究実践校

・さっぽろっこ環境ウィーク

学びの基盤となる【読書】

・読書に関する教育課程研究実践校

・市立図書施設を活用した授業研究実践校

・学校図書館ボランティア派遣

・特色ある図書館活用取組発表

札幌らしい特色ある学校教育パンフレットの発行

札幌らしさパンフ各幼稚園・学校が共通に取り組む三つのテーマ「北国札幌らしさを学ぶ【雪】」「未来の札幌を見つめる【環境】」「生涯にわたる学びの基盤【読書】」の一層の推進を目的として、平成24年2月に、各テーマにおける育てたい力や実践例等を掲載したパンフレットを発行しました。

札幌らしい特色ある学校教育パンフレット(PDF:2,016KB)

札幌らしい特色ある学校教育実践資料集の発行

実践資料集表紙

各幼稚園・学校が共通に取り組む三つのテーマ「北国札幌らしさを学ぶ【雪】」「未来の札幌を見つめる【環境】」「生涯にわたる学びの基盤【読書】」の一層の推進を目的として、平成24年2月に、各テーマにおける育てたい力や実践例等を掲載したパンフレットを発行しました。

札幌らしい特色ある学校教育実践資料集

巻頭言・目次・ねらい

実践資料集の発行に当たって(PDF:1,947KB)

第1章

札幌らしい特色ある学校教育(PDF:3,389KB)

第2章

雪(PDF:8,170KB)

第3章

環境(PDF:6,312KB)

第4章

読書(PDF:8,200KB)

第5章

モデル校の取組(PDF:5,364KB)

 

これまでの経緯

平成20年度

これまでの取組に「札幌らしい特色ある学校教育」という新たな軸を加えることが必要と考え、学校関係者や保護者等からなる「札幌らしい特色ある学校教育の推進に係る検討プロジェクト会議」を設置し、基本的な考え方及び具現化のための具体的な取組内容について検討を重ね、同年12月に同プロジェクトから報告書が提出されました。

   札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書」(平成20年12月)

平成21年度~

札幌市学校教育の重点に位置付け、全ての園・学校で取組を開始しました。

札幌らしい特色ある学校教育推進事業を実施し、毎年、研究実践校を指定して実践研究を進めるとともに、研究成果等を広く周知することで、取組の一層の充実を図っています。

平成30年度

取り組み開始から10年が経過するため、再び、学校関係者や保護者等からなる「札幌らしい特色ある学校教育の推進に係る検討プロジェクト会議」を設置し、10年間の取組成果と課題を整理し、今後の取組の在り方や具体的な取組内容等について検討し、平成31年2月に同プロジェクトから報告書が提出されました。

 札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書」(平成31年2月)(PDF:3,141KB)

 札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書(概要版)」(平成31年2月)(PDF:486KB)

 札幌らしい特色ある学校教育の推進について「報告書(資料:事例集)」(平成31年2月)(PDF:733KB)

 

検討プロジェクトの報告書における札幌の特色

「報告書」では、札幌の特色を以下の三つの側面から捉えています。

自然環境

冬の厳しさと雪に包まれるまち、緑に囲まれた自然豊かなまち、サケの上る豊かな川のあるまち

歴史や文化

札幌の礎を築いた先人の営みを基に、多くの人が集まり発展する道都、自然と融合した文化の香り立つまち

人々の気質・営み

進取・自由の精神、大らかで広い心

※このような札幌の特色を、幼稚園から高等学校までの学校教育を通じて一貫とした取組として教育課程の編成に活かしていくためには、『子どもの生活に根ざし、「学ぶ力」「豊かな心」「健やかな体」の育成につながる活動であるか』『発達段階に応じて体系的、体験的に取り組むことのできる活動であるか』という点に留意する必要がありました。そこで、札幌の気候・風土から【雪】、札幌の美しさを守るという意味で【環境】、一生涯にわたり学び続ける心を培う【読書】を三つのテーマとし、平成21年度から札幌市の全ての子どもが共通して取り組む学習活動として札幌市学校教育の重点に位置付けました。

 

 

 

 

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862