ここから本文です。

更新日:2016年4月11日

教員の勤務実態調査

 調査の実施方法

 

実施期間 平成27年2月中
対象期間

平成26年4月~平成27年1月

対象者 校長、副校長、教頭、主幹教諭、教諭、養護教諭、栄養教諭
内容

以下の調査項目について、教員の認識に基づく実態をアンケート形式で質問し、その回答を集約しました。

1 属性

2 勤務時間内に行われている業務について

3 命令による時間外勤務について

4 命令によらない時間外の業務処理について

5 自宅持ち帰りによる時間外の業務処理について

6 精神的に負担に感じる業務について

7 学校の時間外勤務等の縮減対策・市教委の取組について

 

調査結果の概要

 

 

 教員の勤務実態調査結果に基づく負担軽減への取組

 教育委員会では、この調査結果を踏まえ、教員の一層の負担軽減を図るため、各学校の参考となる具体的方策を聞き取るとともに、関係各課の意見を集約し、別添のとおり、「教員の負担軽減に向けて」を取りまとめました。

   全編(下記ファイル一括ダウンロード)(PDF:3,718KB)

  1. 表紙・はじめに(PDF:289KB)
  2. 教員の負担軽減に向けた取組(PDF:274KB)
  3. 園・学校に実施したヒアリング内容(PDF:60KB)
  4. 園・学校における業務上の工夫(PDF:771KB)
  5. 園・学校における取組実践事例(PDF:2,591KB)
  6. 参考 教員の勤務実態調査結果(PDF:665KB)(上記、調査結果の概要と同じものです)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教職員課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル4階

電話番号:011-211-3853

ファクス番号:011-211-3854