ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > 感染症・予防接種 > 感染症 > ダニ媒介感染症 > 【医師の皆様へ】ダニ媒介感染症の届出について

ここから本文です。

更新日:2017年7月7日

【医師の皆様へ】ダニ媒介感染症の届出について

感染症法に基づく届出について

 ダニ媒介感染症(回帰熱、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、ダニ媒介脳炎、日本紅斑熱、ライム病)については、感染症法の規定に基づく四類感染症に指定されておりますので、患者を診断した場合は、保健所宛ての届出について、改めてよろしくお願いいたします。

 届出基準・様式につきましては、感染症法に基づく医師の届出のお願い(厚生労働省)をご確認ください。

ダニ媒介感染症に関する検査について

 保健所では、感染症発生動向調査の一環として、疑い症例について行政検査を実施しております。患者を診察した結果、ダニ媒介感染症が疑われる場合は当所までご相談ください。(連絡先:札幌市保健所 感染症総合対策課 Tel 622-5199)

疑い要件

以下、①及び②から、特にダニ媒介感染症が疑われる場合

①ダニ媒介感染症の症状があること (ダニ媒介感染症の症状は、感染症法に基づく医師の届出のお願い(厚生労働省)などをご確認ください。)

②ダニ刺咬歴があること 又は 明確な刺咬歴はないが行動歴等からダニ刺咬が十分に考えられること(農作業に従事している、山林に入る機会が多いなど)

必要な検体

血液(血清) 3ml程度

※1 血液検体は全血が望ましい。また、ペア血清による検査が望ましい。

※2 その他検体(皮膚片、髄液等)については、別途ご相談ください。

必要な情報

行政検査実施の要否判断のため、臨床症状やダニ刺咬歴などを伺いますので、ご協力お願いいたします。

また、検査を実施する場合、各種調査票の記入をお願いすることがございますので、こちらについてもご協力をお願いいたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所感染症総合対策課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5199

ファクス番号:011-622-5168