ここから本文です。

更新日:2017年10月24日

滞納していると

「資格証明書」を交付することになります

災害などの特別な事情がないまま保険料を滞納して1年が経過したときには「保険証」を返還していただき、「資格証明書」を交付することになります。

資格証明書が交付されると・・・。

医療機関にかかるときに、いったん医療費の全額を支払わなければなりません。また後日、保険給付相当額の払い戻しを申請することができますが、保険料の納付状況によっては支給を差し止め、未納分保険料に充てさせていただきます。

18歳未満の子ども、公費負担医療や札幌市の医療助成の適用を受けている方は資格証明書の対象となりません。

病院にかかる際に、医療費の一時払いが困難な場合、生活状況などを確認した上で、短期の保険証を交付することがありますので、お住まいの区の区役所保険年金課収納係までご相談下さい。

保険給付を差し止めることになります

特別な事情がないのに、保険料を滞納していると、高額療養費、高額介護合算療養費、療養費、出産育児一時金、葬祭費などの給付の全部または一部の支給を差し止めることになります。

高額療養費の限度額適用認定証の交付などの制度を利用できないことがあります。

40歳以上64歳以下の方が介護サービスを利用する場合にも、給付の支給を差し止めることがあります。

財産を差し押さえることがあります

保険料の滞納が続く場合は、預貯金や生命保険などの財産調査や勤務先への給与照会を行います。この調査結果により、財産や給与を差し押さえることがあります。

 

リンク:届け出(申請)やお問い合わせは<区役所保険年金課収納係>