ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 福祉のまちづくり(バリアフリー) > 福祉のまちづくりの取組 > 心のバリアフリーガイド・心のバリアフリーガイドわかりやすい版

ここから本文です。

更新日:2020年3月5日

心のバリアフリーガイド・心のバリアフリーガイドわかりやすい版

 心のバリアフリーについて皆さんに知っていただくためのガイドブックをご活用ください。

心のバリアフリーガイドの表紙の画像 心のバリアフリーガイドわかりやすい版の表紙

「心のバリアフリーガイド」「心のバリアフリーガイド わかりやすい版」の概要

心のバリアフリーとは、障がいのある人や高齢の人などに対する偏見や無理解といった、心の中にある見えない壁(バリア)をなくして、一人ひとりが多様な人を思いやり、行動を起こすことです。

「心のバリアフリーガイド」は、多くの方に心のバリアフリーを知っていただき、市民の誰もがお互いの人格を尊重し、一緒に支え合う「共生社会」が実現するよう、いろいろな障がいの特性や困りごと、手助けや配慮の方法を解説するガイドブックです。

令和2年3月に発行した「わかりやすい版」は、お子さんや初めて心のバリアフリーについて学ぶ方のために、4コマ漫画やイラストを使い、分かりやすく簡潔に説明したものです。

配布場所等

各区役所の広聴係や障がい福祉課(市本庁舎3階)で配布しています。また、下記PDF版を印刷してご覧いただけます。

心のバリアフリーガイドわかりやすい版(PDF版)

 (一括版)

心のバリアフリーガイドわかりやすい版(PDF:4,089KB)

(分割版)

※第10期福祉のまちづくり推進会議が編集いたしました(令和2年3月発行)。 

心のバリアフリーガイド(PDF版)

内容に一部誤りがありましたので、冊子版をお持ちの方は以下の訂正表を確認のうえ、ご覧いただきますようお願いいたします。誤解を招く表現となっていたことをお詫びいたします。
なお、以下の一括版と分割版のデータについては、修正後の内容になっています。
訂正表(PDF:24KB)

ページ

原文

訂正後

24ページ

「難病の例」 

 

 

「皮膚系疾患」 乾癬

<症状>

銀白色のかさぶたを伴う赤い発疹が、頭皮、膝、肘など全身に現れ、痛みやかゆみ、出血を伴うこともあります。

<配慮できること>

「感染するのではないか」という誤った認識から温泉施設等の利用を拒否されるという事例があります。正しい知識を持つことが必要です。

「皮膚系疾患」 膿疱性乾癬

<症状>

発熱とともに小さな膿状の発疹が全身の皮膚に発生し、再発を繰り返します。


<配慮できること>

「感染するのではないか」という誤った認識から温泉施設等の利用を拒否されるという事例があります。正しい知識を持つことが必要です。

 

(一括版)

心のバリアフリーガイド(PDF:4,430KB)

(分割版)

※第9期福祉のまちづくり推進会議が編集いたしました(平成30年4月発行)。

心のバリアフリーとヘルプマークをPR

平成29年4月8日(土曜日)に放送された「さっぽろ散歩」(STVラジオ日高晤郎ショー)に障がい福祉課職員が出演し、「心のバリアフリー」をテーマとして、「心のバリアフリー」の説明、困っている人への配慮のお願い、(※1)ヘルプマークの導入(平成29年秋頃からの予定)などについて話をしました。また、民間事業者が病院やホテルなど多くの方が利用する建築物のバリアフリー化工事をする場合などに、条例等で決められている整備基準等をすべて満たすなどの一定の条件をクリアすると利用できる、(※2)融資制度を紹介しました。

ヘルプマーク

(※1)ヘルプマークの導入
義足や内部障がい、難病などの方が、周囲に援助や配慮が必要なことを知らせるマークを平成29年秋頃から導入予定(マークの入ったストラップやカードを希望者に配布する予定)

 

(※2)融資制度
福祉のまちづくり施設整備資金融資制度


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181