ここから本文です。

更新日:2015年3月27日

優しさと思いやりのバリアフリー

札幌市では、従来の数値化されたバリアフリー基準のみに頼るのではなく、優しさと思いやりの視点に立ち、人の目や感覚に基づく新たな取組が必要と考え、「福祉のまちづくり推進会議」の中で、具体的なシステムの検討を行ってきました。

検討結果をもとに、「優しさと思いやりのバリアフリーに関する要綱」を定め、障がい者団体・高齢者団体の協力を得て、平成22年9月より「公共的施設のバリアフリーチェックシステム」及び「危険施設等通報システム」の2つのシステムの運用を開始しました。

参考

運用を開始するに当たり、ご協力いただく「社団法人札幌市身体障害者福祉協会」及び「社団法人札幌市老人クラブ連合会」と札幌市との間で協定書を取り交わしました。

協定締結式の様子

協定締結式の様子(平成22年8月31日保健福祉局長室):左から札幌市老人クラブ連合会・堤会長、岡村保健福祉局長、札幌市身体障害者福祉協会・浅香会長

公共的施設のバリアフリーチェックシステム

札幌市が施設を整備する際、障がいのある方や高齢の方などによるバリアフリーチェックを実施し、意見を求めます。

バリアフリーチェックシステムのページへ

危険施設等通報システム

保健福祉局に、市民等からの通報窓口を設け、建築物における危険な箇所を早期に発見し、対策を講じることにより、事故を未然に防ぐよう努めます。

札幌市では、このような施設について、みなさんからの情報提供をお待ちしております。

危険施設等通報システムのページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181