札幌市の図書館 > よもやまとしょかんばなし > 第19回 たまのお仕事拝見3

  • キッズページ
  • ティーンズページ
  • よもやまトばなし クニガマエにトと書いてとしょかんと読むのです。
  • 
    さっぽろ資料室 札幌・北海道を知る
  • 中央図書館所蔵資料デジタルライブラリー
  • 札幌市えほん図書館
  • 札幌市図書・情報館 2018年10月7日オープン
  • 札幌市中央図書館所蔵 明治~大正期の絵本・絵雑誌 電子図書館で公開
  • 本の森 元気カフェ     
  • 中央図書館入札・契約情報

ここから本文です。

更新日:2012年12月26日

よもやまくにがまえにとばなし

第19回 たまのお仕事拝見3

2011年12月のおはなし

図書館ネコのたまです。 久しぶりの「お仕事拝見」シリーズ!
今回は、たまが担当している『さっぽろ街図鑑』をご紹介したいと思います。

たま

『さっぽろ街図鑑』は、わが街さっぽろを紹介する写真集です。
これは昨年度策定された『第2次札幌市子どもの読書活動推進計画』にある「さっぽろっこ出版体験」事業の第2弾。出版体験を通じて中高生に本と親しんでもらおう!という目的で、市民の皆さまから寄せられた写真をもとに、市内の中学生、高校生たちが編集をしています。
今年度のテーマは「街に流れる時間」。では、ページをめくりつつよもやま話を…。

「春。何だか心がくすぐったくて…♪」

私のまち

「夏。」
札幌市内の全ての中学校・高等学校に「編集員募集!」のお知らせをしました。
同時に市民の皆さまから市内で撮影した写真を募集しました。

「夏の終わり。」
市内各地から学校も学年も違う10人の編集員が集まりました!(自己紹介は緊張の面持ちで…。)
講師は札幌在住の編集者ドゥヴィーニュ仁央(にお)さん。中央図書館の写真集の棚を見学して、どんな写真集にしたいのかを発表し合いました。

「秋。」
集まった写真約100点を前に、みんなでにらめっこ。「街に流れる時間」という大きなテーマから一歩進んで、写真集の具体的なイメージを絞り込む作業が続きました。

編集会議

同時に、電子図書館実証実験チームのレクチャーを受けながら、電子書籍版の作業も進めました。
「この写真には、こんな動きを入れたい」「このページには、こんな音があるといいな…」とアイデアを出し合い、音を録音したり、イラストを描いたり、素材集めに奔走。

「冬の入り口。」
何度も編集会議を重ね(時には臨時会議も招集!)みんなの言葉を紡いで四季のストーリーが完成!本タイトルも決定しました。編集員たちが描いた手書きイラストをデザイナーのFutaba.児玉さんがアレンジして表紙も素敵に仕上がりましたよ!

「冬。」ついに…
写真集『私のまち~季節も時間も、まわる、まわる』が完成しました!
ここからは、販売体験の準備、教育長への完成報告とゴールへ向けて大忙しです。

販売体験準備

「12月17日。」
ジュンク堂書店札幌店での販売体験。編集員たちの熱心な売り込みに数冊まとめて購入してくださる方もいて、目標の「初日で100冊完売!!」に迫る勢いの売れ行きとなりました。
これをもって、出版体験の全行程が終了。
「1冊の本が作られて読者の手元に届くまで」を編集員たちとともに体験したこの四季。図書館ネコのたまにとっても、ホントに良い経験になりました。

 

 

というわけで、『私のまち』は、札幌市内すべての図書館・図書室に所蔵しています。
(電子書籍版は、電子図書館実証実験の地域コンテンツとして平成24年1月からモニターの方に公開します。2月頃には中央図書館内で展示も予定しています!)
また、平成23年12月17日から平成24年3月31日までの期間、ジュンク堂書店札幌店と紀伊國屋書店札幌本店で販売しています。(税込840円です。)

 

札幌の中高生と市民の力作を図書館が発行するこの一冊。是非ご覧下さい。

 

『私のまち』季節も時間も、まわる、まわる(さっぽろ街図鑑2011) ※図書館システム検索結果へ移動します。

さっぽろっこ出版体験のページ 

 

たま

このページのトップへ戻る