札幌市の図書館 > よもやまとしょかんばなし > 第12回 20冊なら力持ち!

  • キッズページ
  • ティーンズページ
  • よもやまトばなし クニガマエにトと書いてとしょかんと読むのです。
  • 
    さっぽろ資料室 札幌・北海道を知る
  • 中央図書館所蔵資料デジタルライブラリー
  • 札幌市えほん図書館
  • 札幌市図書・情報館 2018年10月7日オープン
  • 札幌市中央図書館所蔵 明治~大正期の絵本・絵雑誌 電子図書館で公開
  • 本の森 元気カフェ     
  • 中央図書館入札・契約情報

ここから本文です。

更新日:2012年12月26日

よもやまくにがまえにとばなし

第12回 20冊なら力持ち!

 2011年5月のおはなし

みなさんが図書館で熱心に本を選んでいるとき、たくさんの本を抱えた職員が本棚の間を忍者のようにすり抜けていくのを目撃した経験はありませんか?

これは「返本」(へんぽん)といって、みなさんから返却された本を分類順に正しい場所に戻す作業をしているところです。

(「本の住所」十進分類法のお話は図書館ネコの「まお」がしましたね。)

第2回 分類記号は本の住所です(分類よもやまその1)

第3回 分類記号を覚えましょう!(分類よもやまその2)

 

そんな日々の返本作業中にふと思いました。

「みんな、1回の返本で何冊持てるのかな…」

 

ということで、取材と称し、何人かの同僚と力比べをしてみました。

使用したのは、「単行本」と呼ばれるハードカバーの本です。縦横約20cm×14cm、1冊の重さは約450gです。

平均は15冊、重さにして7kg弱でした。

もちろん単に持つだけではなく、これを片手で抱え、高い棚から低い棚まで自由自在に本を戻すことが条件です。

そして職員の中での最高記録は何と23冊!

力も重要ですが、この場合、腕の長さもポイントです。いくら力持ちでも腕の長さ次第でおのずと限界が見えてきます。…そんな時は、スピードで勝負です。

返本をしている職員の顔が真剣でちょっと恐いのは、密かに自分の返本能力と戦っているからなのかもしれません。その結果、本を抱える方の腕には「筋肉」という勲章が…。

返本忍者登場!

そんなわけで、日々、図書館内を返本忍者が飛び回っています。

何かお探しの場合は、遠慮せずにお声をかけてくださいね。

 たま

 

このページのトップへ戻る