ここから本文です。

更新日:2017年4月10日

札幌版次世代住宅認定制度

札幌市では、建築主の申請に基づき、住宅の断熱性・気密性の性能を評価し、札幌版次世代住宅基準に適合する住宅を札幌版次世代住宅として認定します。

札幌版次世代住宅認定制度について

対象住戸

札幌市内の一戸建て住宅及び共同住宅(新築及び改修)

札幌版次世代住宅基準

札幌版次世代住宅基準は、断熱性能と気密性能に応じて、新築住宅では5段階、改修住宅では3段階の等級を設定しています。
等級は、外皮平均熱貫流率(UA値)と、一次エネルギー消費量(全体、暖房+換気)、相当隙間面積(C値)の指標で評価します。

新築住宅の基準

等級

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/(m2・K)]

一次エネルギー消費量(全体) 一次エネルギー消費量(暖房+換気)

相当隙間面積(C値)[cm2/m2]

トップランナー

0.18以下

等級5

35%以下

0.5以下

ハイレベル

0.22以下

等級5

45%以下

0.5以下

スタンダードレベル

0.28以下

等級5

60%以下

1.0以下

ベーシックレベル

0.36以下

等級5

75%以下

1.0以下

ミニマムレベル

0.46以下

等級4

90%以下

1.0以下

改修住宅の基準

等級

外皮平均熱貫流率(UA値)[W/(m2・K)]

一次エネルギー消費量(全体) 一次エネルギー消費量(暖房+換気)

相当隙間面積(C値)[cm2/m2]

ハイレベル

0.22以下

等級5 45%以下

2.0以下

スタンダードレベル

0.28以下

等級5 60%以下

2.0以下

ベーシックレベル

0.36以下

等級5 75%以下

5.0以下

注1)外皮平均熱貫流率(UA値)とは、住宅の断熱性能を表し、数値が小さいほど断熱性能が高いことを表しています。各部位(外壁、天井、基礎、開口部等)から逃げる熱量を合計し、外皮面積で割って求めます。

注2)一次エネルギーとは、化石燃料、原子力燃料、水力・太陽光など自然から得られるエネルギーのことをいいます。建築物ではそれらを変換して得られる二次エネルギー(電気、灯油、都市ガス等)が多く使用されており、それぞれ異なる計量単位(kWh、ℓ、MJ等)が使用されています。それを一次エネルギー消費量へ換算することにより、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位で求めることができます。

注3)相当隙間面積(C値)とは、気密性能の指標で、床面積1m2当たりの隙間量をcm2で表したものです。C値が小さいほど気密性が高いことを示しています。

注4)相当隙間面積(C値)は、施工後、(一財)建築環境・省エネルギー機構が認定する気密測定技能者による気密試験によって測定してください。
気密測定技能者については、(一財)建築環境・省エネルギー機構のホームページに、気密測定技能者従事事業
者一覧が掲載されておりますので、ご参照ください。((一財)建築環境・省エネルギー機構のホームページ)

受付期間

通年で受付を行っています。
(土曜日、日曜日、祝日、12月29日~1月3日を除く)

提出場所

札幌市役所住宅課(札幌市中央区北1条西2丁目本庁舎7階北側)又は適合審査機関
申請は、郵送でのお申込みはできません。
札幌版次世代住宅の認定に必要な性能評価申請は、適合審査機関を利用して受けることができます。
詳しくは札幌版次世代住宅適合審査のページをご確認ください。

適合
※適合審査機関とは、登録住宅性能評価機関の資格を有する機関のうち、札幌市を業務対象としている機関かつ札幌市が適合審査の実施を認めた機関を指します。

認定制度(性能評価申請)の手続きについて

認定制度(性能評価申請)手続きのフロー図

評価フロー

申請書の様式について

各申請に必要な申請書の様式は、下記の「札幌版次世代住宅各種申請書様式ダウンロード」のページから、ダウンロードしてご利用いただけます。

各種

性能評価申請の提出書類に関すること

外皮計算プログラム及び一次エネルギー消費量算定プログラム

性能評価申請には、平成28年省エネルギー基準に準拠した外皮平均熱貫流率(UA値)や一次エネルギー消費量の計算書が必要となります。これらの計算には以下のホームページにある「外皮計算プログラム」・「一次エネルギー消費量算定プログラム」をご利用ください。

これまでは平成25年省エネルギー基準に準拠したプログラムの使用を求めておりましたが、平成29年4月1日以降の申請については、平成28年省エネルギー基準に準拠したプログラムを使用して下さい。

申請書に添付する図面の参考例について

性能評価申請に必要な図面の参考を掲載しています。面積の根拠の記載方法など、図面作成の参考にしてください。

性能評価申請申請図面の参考例(PDF:4,233KB)

また、住宅課にて性能評価申請書参考例を閲覧できます。ぜひご覧ください。

工事完了報告の提出書類に関すること

工事写真の参考例について

工事完了後、提出していただく報告書に必要な書類のうち、工事記録書の工事写真の撮影の仕方について、参考例を記載しています。書類作成の参考にして下さい。

工事記録書(工事写真の参考例断熱材)

工事記録書(工事写真の参考例設備機器)(PDF:4,253KB)

札幌版次世代住宅基準技術解説書

外皮平均熱貫流率(UA値)等の計算書の作成や、相当隙間面積(C値)の測定にあたっては、札幌版次世代住宅基準について詳しく説明した「札幌版次世代住宅技術解説書」を確認してください。

札幌版次世代住宅技術解説書

札幌版次世代住宅基準技術解説書(平成29年4月版)(一括ダウンロード)(PDF:1,716KB)【平成29年3月31日更新】
平成28年度事業者説明会Q&A(PDF:138KB)【平成28年4月6日更新】

札幌版次世代住宅基準技術解説書補足事項(PDF:197KB)【平成28年6月1日掲載】

 要綱・要領等

札幌版次世代住宅は国の省エネルギー基準を基に構築していることから、建築物省エネ法が平成29年4月1日に完全施行したことに伴い、平成29年度より断熱性能等についての準拠基準を平成28年省エネルギー基準としております。

札幌版次世代住宅の性能の評価及び表示に関する要綱(平成29年3月21日改正)
札幌版次世代住宅基準(PDF:497KB)

札幌版次世代住宅の性能の評価及び表示に関する要綱(PDF:112KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局市街地整備部住宅課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2807

ファクス番号:011-218-5144