ここから本文です。

更新日:2015年11月17日

大倉山ジャンプ競技場

【お知らせ】体育施設等での建物内禁煙の実施について

受動喫煙防止のため、平成27年12月1日より、建物内をすべて禁煙とさせていただきます。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

トリップアドバイザー「行ってよかった!日本の展望スポット2014」で第2位となりました。

大倉山ジャンプ競技場は、世界最大の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」の、「行ってよかった!日本の展望スポット2014」で、昨年の第3位からランクアップし、第2位となりました。

リフトで登る山頂展望ラウンジからは、市内を一望できる眺望に加え、国際大会のジャンプ競技会場となるラージヒルの迫力を楽しむことができます。

トリップアドバイザー「行ってよかった!日本の展望スポット2014」のページ

大倉山ジャンプ競技場写真

昭和7年に、60m級ジャンプ台「大倉シャンツェ」として開場しました。幾度かの改修を経て、昭和45年11月に、札幌冬季オリンピックに向けて大改修を行い、国に移管されて、国立競技場「大倉山ジャンプ競技場」と名称が変わりました。平成7年には再び札幌市に移管されました。

毎年、FIS(国際スキー連盟)ワールドカップをはじめとする国際大会が数多く開催され、世界的にも有名なラージヒルジャンプ競技場です。平成19年には、アジアで初めて開催されたFISノルディックスキー選手権大会の、ラージヒルジャンプ競技の会場になりました。また、ナイタージャンプ大会や、サマージャンプ大会なども開催されています。

ジャンプ台の頂上部には、ラウンジと展望台を設置しており、札幌市内の眺望を楽しむことができます。また、平成12年には、展示や体験コーナーを備える「ウィンタースポーツミュージアム」が完成し、札幌の観光スポット、ウィンタースポーツの情報発信基地として多くの観光客が訪れています。

住所

札幌市中央区宮の森1274ほか

電話

011-641-1972

駐車場

大型車:15台

普通車:113台

設備

ジャンプ台 ラージヒル(K点120m)
その他施設 ウィンタースポーツミュージアム

クーリングシステム

スタートから踏切までの滑走面を冷却する装置です。天候などに左右されずにジャンプが可能となり、競技の安全性や公平性が高まります。

クーリングシステム設置部分

このクーリングシステムは、スポーツ振興くじ(toto)助成金を受けて整備されたものです。
toto

施設の利用

ジャンプ競技場の一般開放は行っておりません。

施設の詳細については、施設の管理をしている株式会社札幌振興公社にご確認ください。

スキージャンプ大会の日程については、財団法人札幌スキー連盟にご確認ください。

交通アクセス

  • 地下鉄東西線「円山公園」より、JRバス西14番「大倉山競技場入口」下車
    徒歩10分

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局スポーツ部企画事業課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル7階

電話番号:011-211-3044

ファクス番号:011-211-3046

お問い合わせへの回答には数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)