ここから本文です。

更新日:2019年1月7日

サッポロサタデースクール事業

事業内容

地域の多様な経験や技能を持つ人材・企業等の豊かな社会資源を活用したプログラムを、土曜日等に学校施設等を活用して実施する「サッポロサタデースクール事業」を平成26年度から実施しています。
本事業は、学校関係者や地域の団体・人材(学校教職員、地域住民・地域団体の代表者、PTA役員及びボランティアなど)で構成する運営協議会に事業を委託し、土曜日ならではの学習支援、地域人材活用、企業連携、体育振興など体系的・継続的なプログラムを学校や地域実情に合わせて実施するもので、平成30年度は39校(小学校30校、中学校9校)で実施しています。
この事業を通じて、子どもたちにとってより豊かで有意義な土曜日を実現するとともに、地域と学校の連携の仕組みを整えることにより、地域全体で子どもを育てる環境を醸成することを目指します。

サタデースクール事業リーフレットサッポロサタデースクール事業リーフレット(PDF:1,275KB)

実施状況

平成30年度

平成28・29年度

平成27年度

平成26年度(モデル実施)

  • 伏古小学校(走り方セミナー、親子料理教室、国際理解など11プログラム)
  • 福住小学校(オリンピアンスポーツ教室、世界文化体験、福住ヒストリアなど10プログラム)
  • 発寒西小学校(スポーツ教室、望遠鏡作り・クッキング等体験教室、雪遊び&もちつき大会など10プログラム)

研修会・情報交換会(平成30年度)

実施校同士の情報共有を図ること等を目的として、下記のとおり研修会・情報交換会を実施しました。

日時 平成30年8月21日(火曜日)9時30分~11時30分
場所 STV北2条ビル6階A・B会議室(中央区北2条西2丁目)
参加人数 53名(コーディネーター等21名、教職員32名)
開催結果

1 実施校における実践事例発表

(1)山鼻南小学校サタデースクール事業運営協議会(山鼻南小学校)

 プログラムの企画から実施後までを時系列にして、コーディネーター、協議会メンバー、教職員の役割がどのように分担され、連携しているかについて事例を紹介していただきました。

 活動プログラム企画にあたり、子どものニーズに合わせる、ニーズを生み出すために、運営者全体で知恵を絞り協議を重ねていること、プログラム実施後の成就感をもたらす振り返りと次回のプログラム参加者数の増加につなげる工夫として、サタデースクールニュースを作成する取り組みなど発表していただきました。

 

2 グループ協議・情報交換

 札幌国際大学佐久間章教授の進行のもと、コーディネーター・協議会メンバーと教職員のグループに分かれて、悩みごとや困りごと、工夫した取組などについて情報交換を行ったあと、各グループから意見などを発表し、情報共有を図りました。

(コーディネーターからの主な意見)

  • 運動関係や食が関わるプログラムには参加者が多い傾向がある。
  • スタッフ不足解消に、PTAやおやじの会と協働するにはどう進めたらよいか。
  • 周知度を上げるために、活動後のお便り作りは、是非参考にしたい。

(教職員からの主な意見)

  • PTAの活動で重なる部分を、事業に生かしたい。
  • 委託料の効果的な使い方を知りたい。
  • 地域主体でやっていくことや、人が変わっても継続するにはどう整理すべきか。
  • 働き方改革と言われている中、やることが増えて、負担に感じることがある。

3 講話

 札幌国際大学佐久間章教授から、地域学校協働活動の推進にあたり、事業の意義やあり方について講義があり、次代に生きる子どもたちに必要となる、自分で判断し行動する力やコミュニケーション力を、多様な関わりの中で多様な活動・体験を通して培うこと、活動を長く継続するために、無理なく、息の長い取り組みとすること、教職員は異動などで変わっても、地域は変わらないため、地域が推進エンジンとなって取り組む必要があることなど講話がありました。

 

4 その他

 市教委からの連絡事項として、委託料の取扱に係る注意事項や平成30年度から試行的に派遣している統括コーディネーターについて説明を行いました。

 

~参加者の感想(アンケートより一部抜粋)~

  • とても可能性を感じる事業と思うので、良い企画を続けて、定着していくとすばらしい。
  • いろいろな興味深い話を聞くことができたので、教職員や保護者、地域とのつながりにつなげていきたい。
  • 柔軟に考えると、事業として成立しうる内容のものが、まだまだたくさんあることがわかった。
  • 事業の取組を学校が仕切っている現状もあるので、講義にあった「地域が推進エンジン」という事業に変容させていけると、より良い事業になると考える。

【当日の様子】

h30第1回研修会1 h30第1回研修会2 h30第1回研修会3

※過去の情報交換会・研修会の様子

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル4階

電話番号:011-211-3872

ファクス番号:011-211-3873