ここから本文です。

更新日:2017年4月17日

痕跡の見分け方

ヒグマの足あとやフンの見分け方を知っていれば、ヒグマとの遭遇を避けることも可能になります。

足あとの見分け方

ヒグマの足あとには5本の指がつきます。多くの場合、前足の足あとには爪の跡も残ります。前足の幅の大きさによって、おとなのオス、あるいは子グマかどうかを区別できることがあります。

ヒグマの足あと(前足)
ヒグマの足あと(右前足)
ヒグマの足あと(後足)
ヒグマの足あと(左後足)

ページの先頭へ戻る

間違いやすい足跡

シカの足あと

<識別のポイント>

  • 前後の形がほぼ同じ
  • 前後の足あとが重なることが多い
  • ツメ跡は2本(足あとが重なると紛らわしい)
シカの足あと
シカの足あと

ウマの足あと

<識別のポイント>

  • 前足と後足の形に差がない
  • 指、ツメ跡が無い
  • 体重が重く、足あとが深い
ウマの足あと
ウマの足あと

ヒトの足あと

<識別のポイント>

  • 縦長の足あとが左右交互に付く
  • ツメ跡は無い
ヒトとクマの足あと
ヒトとクマの足あと

ページの先頭へ戻る

 

フンの見分け方

ヒグマは消化が良くないので、ヒグマのフンは食べたものがほとんどそのまま出てきます。ヤマブドウを食べたら紫色で、コクワだと緑色のフンになり、ジャムのように甘いにおいがします。

ヒグマのフン
ヒグマのフン
ヒグマのフン
ヒグマのフン

間違いやすいフン

タヌキのフン

<特徴>

  • 時期の違う新旧のフンが入り混じっている
  • 昆虫が多く含まれている
  • 独特の強い臭気がある
タヌキのフン
タヌキのフン

ウマのフン

<特徴>

  • 繊維が細かく均一にすり潰されている
ウマのフン
ウマのフン

 

ページの先頭へ戻る

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境管理担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2879

ファクス番号:011-218-5108