ここから本文です。

更新日:2018年9月12日

子どもの権利の推進

 子どもの権利の推進メニュー

 子どもの権利の広報・啓発活動

 子どもの権利に関するポスター作品について

子どもの権利について考え、子どもの権利を保障する取組の輪を広げていくきっかけをつくることを目的に、子どもの権利に関するポスター作品を募集します。

詳しい募集内容については、「子どもの権利ポスター作品募集」へ。

 子どもの権利の広報紙の発行

子どもの権利について、市民の皆様とともに考えるきっかけとする広報紙として、一般向けに「子どもの権利ニュース」と、子ども向けに「子ども通信」を発行しています。

これまでに発行した広報紙の内容は、広報紙「子どもの権利ニュース」と「子ども通信」へ

 子どもの権利に関するパンフレット等

絵本

札幌市では、子どもの権利条例に基づき、幼児をはじめ多くの市民の皆様に子どもの権利について関心を持っていただくため、子どもの権利に関する「絵本」(通常版・大型版)を作成しました。

内容は、子どもの権利の絵本のページへ。

「KenriBook(けんりぶっく)」

子どもの権利や条例の考え方を四コマのイラストや実例を交えて紹介する冊子を作成しました。

内容は、KenriBookのページへ。

条例の内容を紹介するパンフレット

条例の内容等を紹介するパンフレットを発行しています。
パンフレットには、一般向けのほか、条例の概要をお知らせするチラシ、小学校高学年向け、中学生向けがあります。

パンフレットの内容やダウンロードする場合は、パンフレットの一覧へ。

 出前講座の実施

子ども未来局では、子どもの権利条例の内容や、子どもの権利に関することなどについて、市の職員が地域に出向いて直接説明する「出前講座」を実施しています。

出前講座は、おおむね10人以上の団体、グループの皆さまでお申込みいただけます。

「条例について知りたい。」、「子どもの権利ってなんだろう?」など、グループでの勉強会や研修会に利用してみませんか。
ご希望の方は、子どもの権利推進課(011-211-2942)までご連絡ください。

出前講座の詳しい紹介、札幌市が実施している出前講座の一覧は、出前講座のページをご確認ください。

 子どもの権利委員会おすすめ本の紹介

札幌市では、「子どもの最善の利益を実現するための権利条例」を基に、子どもに関する施策における子どもの権利の保障の状況について審議を行うことなどを目的として「札幌市子どもの権利委員会」を設置しています。

この第一期委員会からの提案として、多くの市民に「子どもの権利」について、少しでも関心を持ってもらえるよう、子どもの権利が分かりやすくまとまった図書や、直接ではないけれど子どもの権利を感じることのできる図書を『おすすめ本』として集めました。是非、ご覧ください。

展示の様子

ページの先頭へ戻る

 子どもの権利に関するフォーラム等の開催

平成28年度さっぽろ子どもの権利の日事業「子どもの権利ポスター展」を開催しました

子どもの権利の日に併せて、子どもの権利をより身近に感じてもらえるよう、子どもから募集したポスターの展示会を実施しました。

詳しい内容は、「平成28年度子どもの権利ポスター展」へ。

平成27年度さっぽろ子どもの権利の日事業「子どもの権利ポスター展」を開催しました

子どもの権利の日に併せて、子どもの権利をより身近に感じてもらえるよう、子どもから募集したポスターの展示会を実施しました。

詳しい内容は、「平成27年度子どもの権利ポスター展」へ。

平成27年度さっぽろ子どもの権利の日事業「子どもまちづくりコンテスト」を開催しました

子どもの生き生きとした活動を応援するため、子どもが関わる活動を行っている団体の方を対象に、これからやってみたい取組のアイディアなどを考え、発表し、団体同士による交流や意見交換会を実施しました。

詳しい内容は、「平成27年度子どもまちづくりコンテスト」へ。

平成26年度さっぽろ子どもの権利の日事業「子どもまちづくりコンテスト」を開催しました

子どもの生き生きとした活動を応援するため、子どもが関わる活動を行っている団体の方を対象に、これからやってみたい取組のアイディアなどを考え、発表し、団体同士による交流や意見交換会を実施しました。

詳しい内容は、「平成26年度子どもまちづくりコンテスト」へ。

3まち子ども交流事業を開催しました

子どものまちづくりなどへの参加の取組を一層進めるとともに、子どもの権利条例に基づく取組を広く知っていただくため、平成26年8月1日(金曜日)に「3まち子ども交流」事業を開催しました。

この事業は、平成13年に北海道内で最も早く子どもの権利に関する条例を制定した空知管内の奈井江町と、平成25年に条例を制定し、札幌市と観光・文化交流都市協定を締結している松本市の3つの自治体の子どもたちが、子どもの権利条例に基づき交流を行ったものです。

当日は、子どもたち30名が、白石区にある札幌市民防災センターを見学し、札幌市役所でそれぞれの子どもが主体的に活動している内容の報告とともに、「防災」をテーマに子どもの視点からの意見交換を行いました。

意見交換の内容は、札幌市長に報告しました。

報告の様子

平成25年度さっぽろ子どもの権利の日事業「子どもまちづくりコンテスト」を開催しました

子どもの生き生きとした活動を応援するため、子どもが関わる活動を行っている団体の方を対象に、これからやってみたい取組のアイディアなどを考え、発表し、団体同士による交流や意見交換会を実施しました。

詳しい内容は、「平成25年度子どもまちづくりコンテスト」へ。

シンポジウム「『子どもの権利条例と学校』-札幌市と韓国・京畿道の取組から-」を開催しました

「児童生徒人権条例」を制定している韓国・京畿道から関係者をお招きし、学校現場での取組に関する講演や子どもの権利擁護の取組について報告いただくとともに、札幌市が設置している子どもの権利救済機関(子どもアシストセンター)の取組について報告を行い、交流を図るためのたシンポジウムを、平成25年2月24日(日曜日)に開催しました。

シンポジウムの詳しい内容は、「『子どもの権利条例と学校』-札幌市と韓国・京畿道の取組から-」へ。

子どもまちづくりミーティング(平成24年度「さっぽろ子どもの権利の日」事業)開催しました

子どもが自分の将来の夢やさっぽろの未来について、みんなで話し合いを行うイベントを行いました。

詳しい内容は、「子どもまちづくりミーティング」へ。

子どもの権利に関するパネル展を実施しました

平成24年5月5日に札幌ドームで行われた日本ハムファイターズの試合で、パネル展「子どもの笑顔があふれるまちに」を行い、子どもの権利やワーク・ライフ・バランスについての啓発を行いました。当日は、親子連れの観客も多く、パネル展も盛況でした。

パネル展の様子

平成23年度子どもの権利フェスタ(「さっぽろ子どもの権利の日」事業)を開催しました

夢を諦めないことの大切さを伝える講演会や様々な参加・体験活動を行う子どもの発表会などを実施します。
詳しい内容は、「平成23年度子どもの権利フェスタ」へ

平成22年度子どもの権利フェスタ(「さっぽろ子どもの権利の日」事業)を開催しました

子どもたちによる体験・参加の事例報告や、「親と子のかかわり・子どもの可能性」をテーマとした講演会などを実施します。
詳しい内容は、「平成22年度子どもの権利フェスタ」へ

子どもの輝きフェスティバルを開催しました(平成21年度「さっぽろ子どもの権利の日」事業)

子どもの健やかな成長と、それを支える大人の役割などについて考える機会として、平成21年11月15日(日曜日)に、人形劇や親子ワークショップ、パネルディスカッション、子どもの権利啓発作品展示、落語家の桂枝光さんによる記念講演など、子どもから大人までどなたでも楽しむことができる様々な内容のイベントを開催しました。

子どもの輝きフェスティバルの詳しい内容は、「子どもの輝きフェスティバル」へ

「『地方自治と子ども施策』全国自治体シンポジウム2009in札幌」を開催しました

地方自治のもとで、地域から子どもを支援していく子ども施策・事業のあり方や、まちづくりの展望を見出すことを目的としたシンポジウムを、平成21年9月3日、4日に開催いたしました。

シンポジウムの詳しい内容は、「『地方自治と子ども施策』全国自治体シンポジウム2009in札幌」へ

これまでに開催したフォーラム等

条例施行に向け、子どもの権利の理念を普及啓発することや、子どもの権利について市民みんなで考えることなどを目的として「フォーラム」や「フェスティバル」を開催しました。

フォーラム等の詳しい内容は、子どもの権利の推進(条例施行前のフォーラム等の一覧)

ページの先頭へ戻る

 子どもの参加ガイドライン

まちづくりなどの取組に子どもが大人と一緒に関わる「子どもの参加」を地域で進めていくために、子どもの参加の代表的な事例や考え方のポイントなどを整理した手引きを作成しています。

【子どもの参加ガイドライン】

  1. 一括ダウンロード(PDF:3,569KB)
  2. 分割ダウンロード

ページの先頭へ戻る

 札幌市子どもの権利救済機関

子どもの権利救済機関(愛称:子どもアシストセンター)

いじめや暴力などの権利の侵害から子どもを救済するために、子どもの権利条例(第5章)の規定に基づき、平成21年4月1日、札幌市子どもの権利救済機関(愛称:子どもアシストセンター)を設置しました。

この機関は、行政からの独立性が尊重された公的な第三者機関であり、子どもの権利について専門的な知識や経験を持つ子どもの権利救済委員を中心に、相談員や調査員が問題の解決に取り組みます。また、相談だけでは解決に至らない場合に、申立てに基づく調査、関係の改善に向けた働きかけや勧告などを行う権限を有しています。

札幌市子どもの権利救済機関(愛称:子どもアシストセンター)について詳しくは、子どもアシストセンターのページへ。

ページの先頭へ戻る

 「札幌市子どもの最善の利益を実現するための権利条例」に基づく取組状況の報告

平成20年第3回定例市議会において、条例が可決された際に、あわせて、札幌市に対して、条例施行後の状況について議会への報告を求めることなどを内容とする、付帯決議も採択されました。

その付帯決議に基づき、札幌市議会に対する報告書を作成しています。

平成29年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:165KB)

本文(PDF:1,133KB)

平成30年5月29日(火曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成28年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:166KB)

本文(PDF:1,233KB)

平成29年6月9日(金曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成27年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:167KB)

本文(PDF:1,220KB)

平成28年6月1日(水曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成26年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:194KB)

本文(PDF:1,480KB)

別紙(PDF:397KB)

平成27年9月17日(木曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成25年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:139KB)

本文(PDF:888KB)

別紙1(PDF:216KB)

別紙2(PDF:259KB)

平成26年5月27日(火曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成24年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:133KB)

本文(PDF:580KB)

別紙(PDF:263KB)

平成25年6月10日(月曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成23年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:249KB)

本文(PDF:1,626KB)

別紙(PDF:382KB)

平成24年6月11日(月曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成22年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:142KB)

本文(PDF:726KB)

別紙(PDF:307KB)

平成23年6月29日(水曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

平成21年度取組状況報告書

表紙、目次(PDF:144KB)

本文(PDF:646KB)

別紙1(PDF:369KB)

別紙2(PDF:302KB)

平成22年5月24日(月曜日)に開催された文教委員会において報告を行った内容です。

ページの先頭へ戻る

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943