• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > まちづくりセンター > 太平百合が原まちづくりセンター

ここから本文です。

更新日:2018年6月21日

太平百合が原まちづくりセンター

施設概要

所在地

〒002-8008

札幌市北区太平8条7丁目2-1(太平百合が原地区会館内)

電話 011-771-9180
業務時間

8時45分~17時15分(受付は16時45分まで)

休み

土・日・祝・年末年始

交通機関

JR「百合が原駅」徒歩3分
中央バス「太平9条6丁目」徒歩1分

業務内容

地域のまちづくり活動の支援
戸籍証明(窓口対応のみ)・住民票・印鑑証明(電話でも受付可)などの発行

マイナンバー入りの証明書等のお取扱いはできません。

申請証明等のお渡しについては、受付後、翌営業日の午後3時半以降から交付となります。

 

 

外観写真地図

地図詳細

地区ニュース

太平百合が原地区の各種行事を、写真と合わせて紹介しています。

新着情報

新着情報一覧を見る

所長から

 「…その意味「太平」は、地形の平々担々たると、太く大きく、然して平和なれ」(~篠路村字名改称地番変更協議会議事録より)

 篠路小学校の学田地として、明治22年、十数戸の入植者により開拓の鍬が入れられた太平百合が原地区は、広大で平らかなこの地に住む人々の平和な生活への願いが「太平」の名前の由来と言われ、昭和59年に篠路地区から「太平地区」として独立し、その後、平成15年に「太平百合が原地区」と名称変更しました。

 昭和40年代の人口増加とともに宅地開発が進み、区域内に多くの公園が造成されましたが、地区名にもなる「百合が原公園」は、昭和61年に「さっぽろ花と緑の博覧会」の会場となりました。今も札幌を代表する公園のひとつであり、多くの市民、観光客が訪れる緑あふれる公園として親しまれています。この博覧会開催を契機に、JR札沼線(学園都市線)に「太平」と「百合が原」の駅が新設され、区域内に2つの駅を持つ交通利便性の高い地区となっています。

 当地区の人口は、17,213人(平成30年4月1日現在、住民基本台帳)。世代別割合でいうと、年少人口(14歳まで、13.0%)、生産年齢人口(56.6%)、老年人口(65歳以上、30.3%)と、子どもと高齢者の割合がいずれも札幌市平均(11.4%、26.3%)を上回っています。これからますます進む少子高齢社会に向けて課題は様々ですが、町内会など地域住民が担い手となる活動も子どもからお年寄りまで安全・安心に暮らせるまちづくりの実現を目指して活発に進められています。

太平百合が原まちづくりセンター所長 横井 寿郎


ページの先頭へ戻る

太平百合が原まちづくりセンターだより

 

住民票、戸籍証明、印鑑証明の取り次ぎ

まちづくりセンターでは、住民票・印鑑登録・戸籍の証明書発行の取り次ぎ業務を行っています。

  • 住民票・印鑑証明の請求は電話での申し込みもできます。電話での申し込みは証明書の受け取りの際に請求書を記載していただきます。
  • 戸籍証明の請求の申し込みは来所のみ可能です。
  • 申込時間は、まちづくりセンター開所日の8時45分~16時45分です。
  • 証明書のお渡しは、申し込みの翌開所日以降の受け取りとなります。
  • 詳しくは、下記のページをご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市北区市民部太平百合が原まちづくりセンター

〒002-8008 札幌市北区太平8条7丁目2-1(太平児童会館併設)

電話番号:011-771-9180