市営交通 > 交通局の取組み > 安全への取組み > 大雨や洪水がおきたら

ここから本文です。

更新日:2022年10月28日

大雨や洪水がおきたら

浸水防止対策

駅の浸水を防ぐための設備として、一部の駅出入口には「止水板」を設置しています。そのほか「土のう」や「浸水防止シート」を各駅に設置しています。

 幌平橋駅止水板 土のう 浸水防止シート 
      止水板            土のう           浸水防止シート

計画運休

台風等により運行への影響が予測される場合に、事前にお客さまに予告をしたうえで運行をとりやめる「計画運休」を実施することがあります。
なお、計画運休を実施する可能性がある場合には事前にその旨を発表し、計画運休の実施を決定した際には、あらためて詳細を発表します。

また、台風等により河川の氾濫等が予測される場合には、計画運休を実施したうえで、事前に車両を浸水想定区域外へ退避させ、車両の浸水被害の防止を図ります。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2746

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル