市営交通 > 交通局の取組み > 安全への取組み > 地下鉄における災害時・緊急時の対応 > ホームで何かおきたら

ここから本文です。

更新日:2022年3月30日

ホームで何かおきたら

交通局ではホームでの非常時に備え、以下の装置を全駅のホームに設置しております。

非常用インターホン・非常列車停止警報

上部の赤背景のボタンが「非常列車停止ボタン」、
下部の黄色背景のボタンが「非常用インターホン」となっています。

非常列車停止ボタンと非常用インターホンは、上記写真のように並んで設置されておりますが、それぞれ使用用途が異なっております。詳細につきましては、以下の説明及び解説動画をご確認ください。

 

非常列車停止ボタン

線路に人が転落したときや、線路に降りたのを目撃したときに押してください。列車が緊急停止します。

なお、非常時以外は絶対に押さないでください。みだりに取り扱うと法律により罰せられます。

非常列車停止ボタン

非常用インターホン

以下のようなときに押してください。駅係員と直接通話することができます。

  • 線路に落とし物をしたとき
  • ホームに急病のお客さまがいたとき
  • 不審者や不審物を発見したとき

非常用インターホン

非常用インターホン・非常列車停止ボタンの使い方(解説動画)

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2746

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル