ここから本文です。

更新日:2011年2月21日

豊かに育つ権利

豊かに育つとは

みなさんは楽しくすごしていますか?すきなことをする時間や、友だちとすごす時間はありますか?
子どもは勉強したり、遊んだり、ときには失敗しながら、成長していきます。

また、芸術、文化、スポーツに親しむことや、地球環境の問題、札幌という雪国でくらすための知恵など、子どもにとって必要なことを学ぶことも、子どもの権利です。

豊かに育つ権利のイメージイラスト

▲ページトップへ▲

条例の豊かに育つ権利を読んでみよう!

子どもの権利条例では、第10条に「豊かに育つ権利」を定めています。

【第10条:豊かに育つ権利】

子どもは、様々な経験を通して豊かに育つことができます。そのためには、主に次に掲げる権利が保障されなければなりません。

  • 学び、遊び、休息すること。
  • 健康的な生活を送ること。
  • 自分に関係することを、年齢や成長に応じて、適切な助言等の支援を受け、自分で決めること。
  • 夢に向かってチャレンジし、失敗しても新たなチャレンジをすること。
  • 様々な芸術、文化、スポーツに触れ親しむこと。
  • 札幌の文化や雪国の暮らしを学び、自然と触れ合うこと。
  • 地球環境の問題について学び、豊かな環境を保つために行動すること。

次に、参加する権利を調べてみましょう!

参加する権利のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943