ここから本文です。

更新日:2011年2月21日

自分らしく生きる権利

自分らしく生きるとは

人には、それぞれの性格や考え方など、その人らしさ(個性)があります。個性は大切なものであり、人とちがっていることは、はずかしいことではありません。一人ひとりがかけがえのない存在なのです。

また、自分の思いや考えを表現することはすばらしいことです。自分の思いなどを、言葉や音楽、絵など、自分に合った方法で、自由に表現しながら、自分らしく成長していきましょう。

自分らしく生きる権利のイメージイラスト

▲ページトップへ▲

条例の自分らしく生きる権利を読んでみよう!

子どもの権利条例では、第9条に「自分らしく生きる権利」を定めています。

【第9条:自分らしく生きる権利】

子どもは、自分らしく生きることができます。そのためには、主に次に掲げる権利が保障されなければなりません。

かけがえのない自分を大切にすること。

個性や他人との違いを認められ、一人の人間として尊重されること。

自分が思ったこと、感じたことを自由に表現すること。

プライバシーが守られること。

次に、豊かに育つ権利を調べてみましょう!

豊かに育つ権利のページへ

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子どもの権利推進課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2942

ファクス番号:011-211-2943