ここから本文です。

更新日:2016年4月4日

苗穂駅周辺地区のまちづくり

JR苗穂駅周辺地区まちづくりガイドライン

策定の背景・目的

第4次長期総合計画の高次都市機能拠点の一つであるJR苗穂駅周辺地区は、都心から東に2~3Kmと、都心機能を補完すべき重要な位置にありながら、適切な土地利用更新が図られておらず、土地の低利用、JR線による南北分断、住工混在等の課題を抱えている地区です。
札幌市では、当地区における高次都市機能拠点の形成と協働型(パートナーシップ型)まちづくりの推進を図るため、住民、企業、行政が共有するまちづくりの目標像として平成14年(2002年)3月にまちづくりガイドラインを策定しました。

策定の経緯

このガイドラインは、住民を対象としたワークショップの開催やアンケート調査など、地域のまちづくり協議会との協働により策定しました。

ガイドライン

ガイドラインでは、当面、地域における身近なまちづくり活動と、民間再開発の喚起・誘導により、まちづくりを推進することを基本としています。
その上で、民間再開発の連鎖的な展開と、公共施設整備の連携により、地域の最も大きな課題であるJR線による南北分断の解消を図りながら、高次都市機能拠点の形成を目指します。

○当面の取り組み

  • 行政:重点地区における整備構想の策定、公共施設の整備、民間再開発事業の喚起誘導、まちづくり活動への支援等
  • 企業:民間再開発事業の推進
  • 住民:身近なまちづくり活動、再開発に向けた取り組みの推進

画像:JR苗穂駅周辺地区まちづくりガイドライン拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します(JPG形式:124KB)

苗穂駅周辺地区まちづくり計画

苗穂駅周辺地区まちづくり計画とは

苗穂駅周辺地区は、現在までに地域住民による様々なまちづくりの取り組みが進められ、特に『JR苗穂駅周辺地区まちづくりガイドライン』の策定後は、地域住民が主体となりガイドラインの実現に向けた地域提案を取りまとめたり、サッポロビール工場跡地に大規模商業施設が立地するなど民間開発が活発化し、街が変わろうとしている地区です。
そこで、地区の課題や新しいまちの動きを踏まえ、地区の一体的な市街地整備の方向性を明らかにするため、住民・企業・行政の協働により平成16年~17年の2ヵ年で、苗穂駅周辺地区のまちづくりを具体化する整備構想として、まちづくりガイドラインの重点地区を中心とした『苗穂駅周辺地区まちづくり計画』を策定しました。
この計画は、地域に関わる住民・企業・行政および大学・NPO等がパートナーシップにより、これからの苗穂まちづくりの将来像を共有し、実現していくための指針となるものです。

 

《苗穂駅周辺地区まちづくり計画の策定範囲》

画像:苗穂駅周辺地区まちづくり計画の策定範囲拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

まちづくりの目標

画像:苗穂まちづくりの目標拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

目標実現のための取り組み

画像:目標実現のための取り組み拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

まちづくり計画に係る役割分担

画像:まちづくり計画に係る各主体の役割分担のイメージ拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

これからの取り組みフロー

画像:苗穂駅周辺地区まちづくりの取り組みフロー拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

苗穂駅周辺地区まちづくり計画計画図

画像:苗穂駅周辺地区まちづくり計画図拡大図へのリンク
図上をクリックすると拡大します

苗穂駅周辺まちづくり協議会

苗穂駅周辺地区のページへのリンク

苗穂駅移転橋上化工事の着手

苗穂駅周辺まちづくり計画の実現に向けて、苗穂駅移転橋上化工事を行います。

苗穂駅を都心側に約300m移転させ橋上駅舎化し、関連する公共施設や民間都市開発との連携により、地域におけるまちづくり上の課題解消を図り、都心居住の受皿や回遊性を向上させる東側の拠点を形成します。

これらにより、苗穂地区と都心が一体となった発展を図り、より魅力的で活力のある都心を形成することで、札幌の都市再生を進めていきます。

平成25年8月に、工事を施工するJR北海道と工事施行基本協定を締結し、着手いたしました。

事業費:約53億円

供用開始:平成30年度(予定)

苗穂駅移転橋上化

まちづくり功労者国土交通大臣表彰の受賞

受賞の写真:苗穂駅周辺地区まちづくり協議会副会長と表彰状苗穂駅周辺地区まちづくり計画(苗穂駅移転・橋上化など)の事業化に大きく貢献した苗穂駅周辺まちづくり協議会が、まちづくり功労者国土交通大臣表彰を受賞いたしました。

同協議会は、前身となる組織からの活動を含め20年以上の長きにわたり多彩なまちづくり活動を継続し、本市のまちづくり計画策定にも積極的に参加され、さらに身近な地域活動を通して地域住民のまちづくり意識の醸成を図るなど、本市の「苗穂駅周辺地区まちづくり計画」の事業化に大きく貢献をされました。

表彰式詳細

日時:平成26年6月16日(月曜日)、13時30分~
会場:すまい・るホール(東京都文京区後楽1-4-10)
受賞者:苗穂駅周辺まちづくり協議会(会長:八田 力 様)

関連ホームページ(国土交通省)

第32回「まちづくり月間」について

平成26年度まちづくり功労者国土交通大臣表彰受賞者について

 苗穂駅周辺施設ワークショップ

札幌市は、苗穂駅周辺における公共施設整備について関係機関との協議を重ね、平成24年4月27日に、苗穂駅移転・橋上化に伴う南北駅前広場、自由通路及び駅周辺道路などについて都市計画決定いたしました。今後、駅前広場・自由通路、新駅舎、再開発事業等の事業が進められますが、苗穂の特性に応じた街並み形成を図っていくため、地域の方々と行政の共通の考え方をまとめることを目的として、ワークショップを開催しました。

ワークショップには、苗穂駅周辺の町内会、苗穂駅周辺まちづくり協議会の皆様など、これまで苗穂のまちづくりに取り組んでこられた方々にご参加いただきました。

苗穂駅周辺施設ワークショップ開催概要

日時

場所

ワークショップの概要

第1回

平成25年10月30日(水曜日)

18時半から20時半

中央区苗穂会館

苗穂駅周辺施設ワークショップニュース(第1号)(PDF:859KB)

第2回

平成25年12月17日(火曜日)

18時半から20時半

中央区苗穂会館

苗穂駅周辺施設ワークショップニュース(第2号)(PDF:1,197KB)

第3回

平成26年2月7日(金曜日)

18持半から20時半

中央区苗穂会館

苗穂駅周辺施設ワークショップ(最終号)(PDF:1,119KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部都市計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2506

ファクス番号:011-218-5113

札幌市まちづくり政策局都市計画部地域計画課

電話番号:011-211-2545

ファクス番号:011-218-5113