ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 環境配慮制度 > 建築物環境配慮制度(CASBEE札幌)

ここから本文です。

更新日:2017年4月19日

建築物環境配慮制度(CASBEE札幌)

札幌市では、良好な生活環境が確保された持続可能な都市の実現を目指しております。

「札幌市建築物環境配慮制度(CASBEE札幌)」は、「環境に配慮した建築物」の普及・促進を図ることを目的として、2,000m2以上の建築物の新築、増改築を行う建築主等が、自らその建築物に係る環境に配慮した事項について評価を行い、その結果(建築物環境配慮計画書)を本市に提出することを条例で義務付けている制度です。

お知らせ

平成29年4月1日より、建築物環境配慮計画書の提出範囲が変わります

平成29年4月1日より、 「建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律」(建築物省エネ法)の建築物に関する規制措置が施行されることを踏まえて、建築物環境配慮計画書の提出範囲が変わります。

≪主な変更点≫

  •  「第1種特定建築物」を「大規模建築物」、「第2種特定建築物」を「中規模建築物」に名称を変更
  • 「増築」「改築」工事を行う際の建築物環境配慮計画書の提出範囲の変更
  • 「修繕」「模様替」「建築物への空気調和設備等の設置又は改修」を行う際の建築物配慮計画書の提出義務の廃止

詳細は、対象建築物のページでご確認ください。

制度の概要

すべての建築主等は、新築、増改築、修繕、模様替、建築物への空気調和設備等の設置又は改修について、環境への配慮に関する適切な措置を講ずるよう努めなければなりません

一定規模以上(義務:床面積2,000m2以上、任意:床面積300m2以上2,000m2未満)の建築物の新築、増改築を行う建築主等は、建築物環境配慮計画書を作成し、市長に提出します。

市長は、提出された建築物環境配慮計画書等の内容を、札幌市のホームページなどで公表します。

※本制度は、建築主の自己評価の結果を公表するものであり、本市が認証等を与えるものではありません。

街並みイメージ

CASBEE札幌ロゴ画像大

制度について

対象建築物

届出等

評価の方法

ご注意ください

  • 現在、省エネ計算の指標によって以下の2種類の評価ソフトで届出の受け付けを行っています。
評価ソフト 新築の場合 増改築の場合
CASBEE札幌2014年度版【平成25年基準】

CASBEE札幌2007年版【平成11年基準】

×

※省エネ法若しくは建築物省エネ法の届出の際、使用した基準の評価ソフトをご使用ください。

建築物環境配慮制度(様式・評価ソフト)ダウンロードのページ

 

計画書の公表

建築物環境配慮計画書(平成25年度分)

建築物環境配慮計画書(平成26年度分)

建築物環境配慮計画書(平成27年度分)

建築物環境配慮計画書(平成28年度分)

建築物環境配慮計画書(平成29年度分)

ダウンロード

届出様式

CASBEE札幌評価ソフト

建築物環境配慮計画作成マニュアル

 

その他

関連リンク

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108