ここから本文です。

更新日:2020年10月28日

丘珠縄文遺跡体験学習館(おかだま縄文体験学習館)

お知らせ

体験学習館は、令和2年11月4日(水曜日)から冬期休館となります。なお、おかだま縄文展示室(さとらんどセンター2階)は、サッポロさとらんどの休園日を除き、冬期も引き続き開館いたします。(2020年10月28日更新)

◆火おこし体験は、新型コロナウイルス感染防止対策を徹底した上で、令和2年8月8日(土曜日)から制限付きで一部再開いたします。詳しい利用方法は、「火おこし体験の利用方法」をご覧ください。皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解・ご協力をお願いします。なお、今後の感染状況により、利用方法を変更又は利用を中止する場合がありますので、ご了承願います。(2020年8月3日更新)

★お知らせ一覧を見る

施設の概要

【構造】木造平屋

【延床面積】約430平方メートル

【竣工】平成30年1月末

【機能】縄文体験学習や発掘調査の基礎整理を行う施設

※自動体外式除細動器(AED)をエントランスホールに設置しています。

体験学習館配置図

利用案内

【開館時間】9時から17時まで

【休館日】11月4日から4月28日まで

※入館無料

丘珠縄文遺跡体験学習館

縄文体験メニュー

体験学習館でご利用できるメニューは下記のとおりです。

いつでも体験できるメニュー(無料)

ご希望の方は体験学習館の受付まで(最終受付16時30分)

火おこし体験(一部再開)
舞いきり式の火おこしを体験できます。
※煙が出れば成功です。

火おこし体験

☆土器の接合復元体験(土器の3次元パズル)(当面休止)
土器の接合・復元作業を体験できます。
※レプリカの土器の破片を接合し、土器を完成させる3次元パズルです。

土器接合復元体験

事前申込みが必要なメニュー(有料)

事前に参加者を募集して、夏休み期間中に実施します(事前申込・定員制)。
参加者の募集は、チラシやホームページでお知らせいたします。(利用料金は募集時にお知らせします)。

☆縄文土器づくり
※土器は乾燥させ野焼きして完成となるため、すぐに持ち帰ることはできません。
※野焼きして完成した土器は、ご自分で引き取りに来ていただく必要があります。

☆縄文玉づくり
※作った作品はすぐに持ち帰ることができます。

≪ご注意≫土器づくり・玉づくりの団体利用は受け付けていません。

体験学習館へのアクセス

体験学習館の最寄り駐車場は、さとらんど第4駐車場です。

アクセスマップ(JPG:904KB)

ある日の丘珠縄文遺跡


 

 

 

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467