ここから本文です。

更新日:2018年4月5日

さっぽろMU煙デー

札幌市では、毎月3日を「さっぽろMU煙デー」としています。
『受動喫煙のない、きれいな街』を目指して、すべての市民が受動喫煙防止対策の必要性を理解し、思いやりの心を持って、できることから行動していただくことを目標としています。

さっぽろMU煙デーポスター

 

 さっぽろMU煙デーQ&A

Q1「さっぽろMU煙デー」って?

「受動喫煙のない、空気のきれいな街」を目指した、札幌市の新しい受動喫煙防止キャンペーンです。
市民みんなで参加して、住みよい街にしましょう。

Q2受動喫煙って?

受動喫煙とは、「自分の意思とは関係なく、他人のタバコの煙をすってしまうこと」です。
タバコから立ち上る煙には、有害物質が大変多く含まれています。すわない人が受動喫煙の健康被害を受けないための「思いやりの気持ち」が必要です。

Q3どうして毎月3日なの?

みんなで「さっぽろMU煙デー」に参加(3日)しようという願いを込めて、毎月3日としました。
この日をきっかけに、受動喫煙の防止について考え、喫煙されている方は節煙、禁煙に取り組んでみましょう。

Q4どう行動したらいいの?

飲食店や職場では、すわない人の気持ちになって、分煙や禁煙に協力しましょう。家庭では、特に妊婦や子どもの前での喫煙は控えましょう。
それぞれができることから、その一歩をはじめましょう。

Q5すわない人はどんなふうに参加するの?

受動喫煙を防止するための声かけや、環境づくりにご協力をお願いしたいです。
このキャンペーンを多くの人に知ってもらうために、できることからはじめることが参加することになります。

Q6どうして「禁煙デー」ではないの?

みんなで「思いやりの気持ち」をもって受動喫煙について考え、少しずつ節煙や禁煙に近づいていくように、そしてもっと空気のきれいな街になるようにという願いを込めた取組みです。

Q7札幌市民の喫煙率は?

男女共に喫煙率は全国平均よりも上回っています。特に、女性の喫煙率の高さが目立ちます。

 

喫煙率(%)

 札幌市

 全国

H22年調査 H25年調査

H28年調査

H22年調査 H25年調査 H28年調査
男性 32.9 36.9 32.0 33.1 33.7 31.1
女性 14.9 15.6 14.9 10.4

10.7

9.5
23.5 25.2 22.6 21.2 21.6 19.8

(出典) 厚生労働省 国民生活基礎調査

Q8札幌市は将来どんな街をめざすの?

「さっぽろMU煙デー」を推進することで、市民と企業と札幌市が一体となって受動喫煙防止の機運を高めていき、将来的には公共的空間の禁煙化を目指します。
札幌市は「タバコの煙から市民を守る健康な街さっぽろ」を実現していきます。

 

 「さっぽろMU煙デー」これまでの啓発

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221