ここから本文です。

更新日:2016年12月1日

禁煙・完全分煙施設

たばこを吸っている人だけでなく、たばこを吸わない人も、他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙によって、がん・心臓病、脳卒中などの発症の危険性が高くなることが明らかになっています。

「健康増進法」では、多くの人が利用する施設の管理者に、受動喫煙防止対策を講じることが努力義務として規定されています。

札幌市では、札幌市健康づくり基本計画「健康さっぽろ21(第二次)において、喫煙率の減少や受動喫煙の機会を有する人を減らすことなどを目標の一つとして掲げています。

そこで、札幌市では、企業等の受動喫煙防止対策を推進し、市民に情報提供することを目的に「禁煙・完全分煙施設」を募集しています。

登録された施設には、登録を証明するステッカーを交付するとともに、札幌市ホームページに施設名等を掲載しております。

      【禁煙ステッカー】        【完全分煙ステッカー】

禁煙ステッカー分煙のステッカー

「禁煙・完全分煙施設」のご紹介

禁煙・完全分煙施設は836件です。(平成28年11月28日現在)

区で調べる

中央区 北区 東区 白石区 厚別区 豊平区 清田区 南区 西区 手稲区

上の御希望の区をクリックしてください

「禁煙・完全分煙施設」の募集

1.対象

札幌市内の、病院、学校、社会福祉施設、公共交通機関、金融機関、文化施設〔美術館、ギャラリー等〕、運動施設〔スポーツセンター、(屋内・屋外)競技場等〕、宿泊施設〔ホテル、旅館等〕、販売業〔百貨店、スーパー、商店等〕、遊戯・娯楽施設〔映画館、劇場、ゲームセンター、パチンコ店等〕、飲食店〔レストラン、食堂、喫茶店等〕

2.要件

禁煙…対象施設内または敷地内の喫煙を禁止すること

完全分煙…以下の3つの条件を全て満たすこと

  1. 適切な喫煙場所を設ける
  2. 喫煙場所から非喫煙場所に、たばこの煙やにおいが漏れないようにする
  3. 喫煙場所のたばこの煙を屋外に排気する

※対象とならない事例

  1. 禁煙席は設けているが、排気が不十分で喫煙場所の煙が禁煙スペースに流れる場合
  2. 禁煙席を区切っただけで、喫煙席と隣り合っている場合
  3. ある一定時間だけ禁煙とする場合

3.申込書の提出方法

「ここから健康づくり応援団」申込用紙に必要事項を記入し、完全分煙の場合は、その状況がわかる図面・写真等を添付して、郵送かファックスで保健所健康企画課にお申し込みください。


「ここから健康づくり応援団」申込用紙(PDF:972KB)

提出先

〒060-0042札幌市中央区大通西19丁目WEST193F札幌市保健福祉局保健所健康企画課

FAX011-622-7221

4.登録及びステッカーの交付、公表

申請内容が適正である場合には、「禁煙・完全分煙施設」として登録し、ステッカーを交付するとともに、札幌市ホームページに施設名等を掲載します。

5.登録内容の変更及び取消

「禁煙・完全分煙施設」登録施設は、禁煙・完全分煙の方法に変更がある場合には、

変更届出書(PDF:66KB)を提出して下さい。

「禁煙・完全分煙施設」を中止したいとの申し出があったとき、もしくは施設が登録の要件に合致していないことが確認されたときは、「禁煙・完全分煙施設」の登録を取り消します。取り消しを希望する場合は

登録取消申請書(PDF:47KB)を提出して下さい。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221