札幌市の図書館 > 行事・展示のお知らせ > 山の手図書館の行事・展示

ここから本文です。

更新日:2021年9月9日

山の手図書館の行事・展示

※子ども向け行事については、「やまのて図書館の行事(ぎょうじ)」ページ(キッズページ)からご覧下さい 

行事・展示

展示コーナーあれから10年 ~本で振り返る東日本大震災~」

2011年3月11日に発生した東日本大震災。
大津波や福島第一原発事故などにより、東北地方を中心に甚大な被害をもたらした災害から、今年で10年が経ちました。
当時の被災状況や、救助の様子などに関する本を展示いたします。

  • 日付:令和3年8月26日(木曜日)から9月30日(火曜日)

展示写真1_2021年9月 展示写真2_2021年9月

お知らせ

蔵書一斉点検のお知らせ(令和3年9月)

山の手図書館は、2021年10月1日(金曜日)から13日(水曜日)までの期間、蔵書一斉点検で休館いたします。

館内改装計画(令和3年2月~)

山の手図書館では、「いつも新しい発見がある図書館」をテーマのもと、より利用しやすい施設を目指し、職員の手によって館内一部の改装を行うことを計画しています!
改装の進捗状況を随時更新していきますので、ご期待ください!

詳細は山の手図書館館内改装計画のページをご覧ください。

「よりぬき本箱」が登場します!(令和2年10月)

山の手図書館の書架に「よりぬき本箱」が登場します。
この本箱は、普段見過ごしがちな本との出会いを助けてくれる存在になればという想いをこめて作りました。
設置場所、期間、テーマは不定期に変化しますので、特設展示とはちょっと違った本を見つけられるかもしれませんね。

202010_yamanote_oshirase2

貸し出しカウンターをリニューアルしました(令和2年9月)

コロナウイルス感染症対策の一環として、ビニールシート取り付け用の飾り棚をカウンターに設置しました。また、カウンターで表示していたお知らせ等も一新しました。これからも、感染症対策に重点を置きながら、利用しやすい図書館を目指していきます。

202009_yamanote_renewal1 202009_yamanote_renewal2

これまでの行事・展示

展示コーナー「渋沢栄一とその時代」

「日本資本主義の父」と称され、今年で没後90年の渋沢栄一。現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」の主人公でもあります。渋沢栄一と、幕末から明治にかけての時代背景について書かれた本を多数展示いたします。

  • 日付:令和3年4月29日(木曜日)から8月24日(火曜日)
     (臨時休館したため、展示期間を延長しました。) 

展示写真1_2021年5月 展示写真2_2021年5月

展示コーナー「春・新生活」

雪が解け始め、少しずつ暖かくなり、春が近づいてまいりましたね。冬から春に向けて季節が変わるように、進学や就職、転勤などにより、環境が変わる方もいらっしゃると思います。
そんな皆さまの新生活に役立つマナーの本、社会人の心得などについて書かれた本、仕事に関する小説などを展示いたします。
また、春の風物詩である、桜に関する本、ひなまつりなど春の行事の本なども展示いたします。

  • 日付:令和3年2月25日(木曜日)から4月27日(火曜日)

202103_yamanote_tenji1 202103_yamanote_tenji2 202103_yamanote_tenji3 202103_yamanote_tenji4

令和2年度の行事・展示

令和元年度の行事・展示

 

このページのトップへ戻る