市営交通 > 交通局の取組み > 交通局の財務状況・計画・取組み > 財務状況 > 令和2年度予算編成方針の概要

ここから本文です。

更新日:2019年10月27日

令和2年度予算編成方針の概要

令和2年度予算の基本的な考え方

交通局では、安全の確保、快適なお客さまサービスの提供、まちづくりへの貢献、経営力の強化の4つの経営方針に加え、人口構造・社会環境の変化を踏まえた時代に合った利用者サービスなどへの対応を、限られた資源の中で計画的に実現していく必要があります。

予算編成方針

わが国の現下の経済状況を概観すると、雇用・所得環境の改善が続いており、景気は長期にわたる回復を持続しています。ただし、先行きについては、海外経済の不確実性に留意する必要が指摘されています。

札幌市においても、雇用・所得環境の改善が続いているが、本市交通事業を取り巻く環境は、輸送人員の伸び悩みにより乗車料収入の増が見込めないなか、労務単価や電気料単価の増等により経費は増加しており、資金的に厳しい状況にあります。

令和2年度は、札幌市交通事業経営計画の2年目を迎える年であり、札幌市交通局の4つの経営方針である1.安全の確保、2.快適なお客さまサービスの提供、3.まちづくりへの貢献、4.経営力の強化に加え、人口構造・社会環境の変化を踏まえた時代に合った柔軟な対応を、限られた資源の中で着実に実現していく必要があります。このため、職員一人ひとりの創意と工夫のもと、局を挙げてこの取組を進めていかねばなりません。

以上のことから、令和2年度予算の編成は、将来を見据えた健全な財政運営を実現するとともに、限られた財源の中、無駄を徹底して排除し、計画事業を着実に進めるとともに、計画策定後に生じた新たな事業に対応するための予算計上を行います。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局事業管理部経営計画課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2720

ファクス番号:011-896-2790

表示の切り替え:
パソコン
モバイル