ここから本文です。

更新日:2018年5月23日

歴史的資産活用推進事業

歴史的資産活用推進事業

札幌市には、指定・登録されているもの以外にも、貴重な文化財が存在しています。これらを札幌市を特徴づける貴重な財産として、有効に活用しながら良好な状態で後世に伝えていくため 「札幌市歴史文化基本構想」を策定する予定です。

「歴史的資産の魅力発見ワークショップ」を開催します

自分の身近にある歴史的資産を参加者で紹介しあうとともに、いくつかの関連する歴史的資産をまとめ、それらの魅力や価値について改めて考えます。また、歴史的資産の保存・活用について意見交換を行います。平成29年度~30年度で数回開催する予定です。

※有形・無形・動産・不動産を問わず、あらゆる種類の歴史的な価値のあるものが「歴史的資産」です。

  「歴史的資産の魅力発見ワークショップ(南区編)」(終了しました)

 「歴史的資産の魅力発見ワークショップ(南区編)」は、17名の参加により開催いたしました。南区は自然の地形を生かしたまちづくりをしている、知らないことがたくさんあった、などの感想のほか、歴史的資産を見つける調査体験や歴史的資産をめぐるツアー等があれば参加してみたいとの声をいただきました。 

項目  概要
好きな歴史的資産の紹介 

南区や周辺で参加者の好きな歴史的資産を紹介

~石山の軟石、ダム、オリンピック関連、真駒内用水路、エドウィンダン記念館、旧黒岩家住宅、旧定山渓鉄道、埋蔵文化財 など

地図にプロット 南区や周辺の歴史的資産の位置を地図にシールで貼っていく

まとまりをつくる

それぞれの関連性やまとまりについて話し合う

キーワード・ストーリー

をみつける

歴史的資産の関連性から、キーワードを見つけたり、ストーリーをまとめる

■まとめられたストーリー、キーワードなどの例 

自然と地形に恵まれ、育まれた南区  軟石と地形、定山渓と札幌を結ぶ温泉の道、七曲と河岸段丘 など
地形から始まるストーリー  南区は海だった。サッポロカイギュウの化石、水力発電 など
ルートとつながる魅力 ルートができ、そこから地域が活性化。国道230号、旧道、定山渓鉄道線路跡 など

 

 【ワークショップの様子】

 syasin 

 

第1回目は「南区編」とし、皆さんが思う南区の「歴史的資産」を紹介していただき、色々な視点から歴史的資産の魅力について考えます。

 開催日時   平成30年3月10日(土曜日) 10時~11時30分]

開催場所   南区民センター2階視聴覚室(南区真駒内幸町2丁目2-1)

対象者   南区にお住まいの方、通勤、通学している方、南区が好きな方

定員   30名(定員を超過する場合は当課で抽選を行い参加者を決定いたします)

申し込み方法 電話、FAX、Eメール(bunkazai@city.sapporo.jp) 

 ※件名「歴史的資産ワークショップ参加申込み」とし、郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号をご記載ください。

申込み締切日 2月21日(水曜日)17時15分必着 

 

「札幌市歴史文化基本構想策定委員会」の開催について

 委員名簿(PDF:38KB)

 設置要綱(PDF:36KB)

「札幌市歴史文化基本構想策定委員会」は「(仮称)札幌市歴史的資産保存活用推進方針検討委員会」を改定する形で設置いたしました。「札幌市歴史文化基本構想」の策定に向けて意見交換を行うため、平成30年度に5回程度開催することを予定しています。

■策定委員会の傍聴(定員制)及び議事録の公開について

本委員会は、札幌市情報公開条例に鑑み、委員会の傍聴(先着10名)及び議事録の公開を行います。
ただし、個人情報が含まれている議題や、その他の事由により委員長が公開不適切と認めた議題につきましては、非公開とさせていただきます。
なお、議事録につきましては、文化財課事務室に備え置き、また、当ホームページに掲載し、作成した日から同日の属する年度の翌年度3月31日まで公開いたします。


■第1回札幌市歴史文化基本構想策定委員会を開催いたしました。

開催日時 平成30年3月14日(水曜日)14時~16時 札幌市役所12階4号会議室

【会議要旨】

第1回歴史文化基本構想策定委員会会議議要旨(PDF:145KB)

【資料】

次第、資料1 委員名簿 (PDF:69KB)

資料2 設置要綱(PDF:41KB)

資料3 歴史文化基本構想策定について(PDF:122KB)

資料4 歴史文化基本構想の策定スケジュール(PDF:134KB)

資料5 歴史文化基本構想の項目について(PDF:110KB)


■第2回検討委員会を開催いたしました。 

開催日時 平成29年9月21日(木曜日) 13時30分~15時30分 札幌市役所地下1階4号会議室

■第2回検討委員会会議要旨等

【会議要旨】

第2回会議要旨(PDF:162KB)

【資料】

次第、資料1 委員名簿 資料2 座席表(PDF:170KB)

資料3 ワーキング意見概要(PDF:155KB)

資料4 意見交換会実施報告(PDF:151KB)

資料5 方針項目素案(PDF:663KB)

資料6 調査分析資料(PDF:901KB)


■第1回検討委員会を開催いたしました。

開催日時 平成29年6月12日(月曜日) 10時~12時 札幌市役所6階1号会議室

■第1回検討委員会会議要旨等

【会議要旨】

第1回会議要旨(PDF:314KB)

 【資料】

次第、資料1 委員名簿 資料2 座席表 資料3 設置要綱(PDF:81KB)

資料4-1 保存活用の取組み(PDF:98KB)

資料4-2 歴史的資産活用推進事業(PDF:78KB)

資料5 スケジュール(PDF:50KB)

資料6 調査の概要(PDF:65KB)

 

「(仮称)札幌市歴史的資産保存活用推進方針検討委員会」の公募委員を募集します(募集は終了しました)

【応募資格】

文化財や歴史的資産(文化財に指定・登録等されていなくても歴史的に価値のあるもの)に関心を持つ、18歳以上の市内居住者(高校生を除く)で、約2年間の任期を通じて全6回程度の委員会に出席できる方。(委員会は市役所本庁舎などで開催予定)

 

【任期】

平成29年6月~平成31年3月31日を予定

【募集人員】

2名程度(委員数は公募委員を含めて7名程度)

【応募締切】

平成29年3月31日(当日必着)

【応募方法】

応募用紙に必要事項を記入の上、下記応募先まで持参、郵便、FAX、Eメールのいずれかの方法で提出してください。

募集要領・応募用紙(PDF:399KB)応募用紙(ワード:28KB)

【選考】

〇応募用紙により書類審査を行い、応募状況に応じて面接を行います。選考にあたっては、書類や面接のほか、性別、年齢層、社会活動の分野などについて、委員全体のバランスを考慮して決定いたします。なお、面接を実施する場合は別途連絡します。

〇選考結果については、後日、応募者全員にお知らせします。

〇応募用紙は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。

※委員となられた場合、氏名を掲載した委員名簿、議事録等を札幌市のホームページ等に掲載いたします。

 

【参考:設置要綱】

(仮称)札幌市歴史的資産保存活用推進方針検討委員会設置要綱(PDF:94KB)

【応募先・問い合わせ先】

札幌市市民文化局文化部文化財課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目市役所4階

電話011-211-2312FAX011-218-5157

Eメールアドレス(クリックするとメールソフトが起動します)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化財課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2312

ファクス番号:011-218-5157