ここから本文です。

更新日:2015年8月24日

青年就農給付金

事業の概要

農業従事者の高齢化が進展する中、持続可能な力強い農業を実現するには、青年の新規就農者を大幅に増加させる必要がありますが、新規就農するにあたっては技術の習得や所得の確保等が課題となっています。

このため、平成24年度から、国の施策として経営開始前後の青年新規就農者(原則45歳未満)に対して、給付金を給付する事業(新規就農・経営継承総合支援事業)が実施されています。
農業経営開始前後の青年新規就農者に対して給付金を交付することを目的とします。
しくは、北海道のホームページをご覧ください。(北海道ホームページへ)(別ウィンドウが開きます)

給付金の種類

青年就農給付金には、経営開始前を対象とする「準備型」と、経営開始後を対象とする「経営開始型」の2種類があります。

補助の種類

補助の内容

窓口

準備型

就農に向けて、道府県の農業大学校等の農業経営者育成教育機関、先進農家又は先進農業法人(以下「研修機関等」という。)において研修を受ける者に対して給付金を年間150万円、最長2年間給付する。

研修計画の申請

○現在の研修計画の受付期間

平成27年6月15日(月曜日)~6月24日(水曜日)

農政部企画担当課

・事業実施主体【公益財団法人北海道農業公社担い手支援部】

住所:札幌市中央区北5条西6丁目1番地23電話番号:011-271-2255

益財団法人北海道農業公社のURLhttp://www.adhokkaido.or.jp/ninaite/index.html

補助の種類

補助の内容

窓口

経営開始型

経営開始直後の新規就農者に対して給付金を最大で年間150万円、最長5年間給付する。

農政部企画担当課

事業実施主体【札幌市経済局農政部企画担当課】電話番号011-211-2406

青年就農給付金を受けるためには、給付要件を満たす必要があります。

給付要件など事業の詳細は北海道のホームページをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2406

ファクス番号:011-218-5132