• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > 健康づくり情報 > 安全・安心な食のまち・西区ガイド

ここから本文です。

更新日:2019年5月27日

安全・安心な食のまち・西区ガイド

札幌市では、「安全・安心な食のまち・さっぽろ」を目指し、3つのメニュー(事業)を進めています。

このページでは、3つのメニューに参加いただいている西区内のお店・事業者をご紹介します。

 「安全・安心な食のまち・さっぽろ」を支える3つのメニュー

協定

さっぽろ食の安全・安心推進協定<協定>
食の安全・安心の取り組みをマイルールとして宣言したお店や事業者と、札幌市が協定を結び、応援しています。

 詳しくはこちら(札幌市保健所「さっぽろ食の安全・安心推進協定」のページ)

おもてなしの店

食の安全・安心おもてなしの店<おもてなしの店>
食品衛生優良施設の表彰歴に加え、次のいずれかに取り組むお店です。

○アレルギー表示 ○禁煙・分煙 ○栄養成分表示 ○外国語メニュー ○さっぽろHACCP

○専門調理師 ○道産食材 

 詳しくはこちら(札幌市保健所「食の安全・安心おもてなしの店」のページ)

ハサップ

さっぽろHACCP(ハサップ)
衛生管理の手法としてHACCPを導入している飲食店などに対し、第三者である札幌市がHACCPが適正に機能していることを評価・認証するものです。
取り組みレベルに応じ、“★エントリー”、“★★ベーシック”、“★★★プレミアム”の3つのステージがあります。
※ HACCP:食品の調理・製造の各工程で、起きやすい危害を分析し、衛生管理の重要ポイントを明確化することで、安全性を確保する国際標準の衛生管理手法

詳しくははこちら(札幌市保健所「さっぽろHACCP」のページ)

 

  • トピックス 

 <さっぽろ食の安全・安心推進協定> <食の安全・安心おもてなしの店> <さっぽろHACCP> 

 

<トピックス>安全・安心な食のまち 西区ガイド2019を新たに発行しました。

2019ガイド

平成31年3月25日(月曜日)、平成30年度に参加したお店を紹介する安全・安心な食のまち 西区ガイド2019を発行しました。

西区役所1階広聴係や保健センター3階の他、西区内のまちづくりセンター、掲載店でも配布しています。

 

<トピックス・協定>平成31年2月19日『パールモンドール 二十四軒店』に、さんかくやまベェがおもてなしの店PRボードをお届けしました。

パールモンドール

左から札幌市保健所・酒井課長、さんかくやまべェ、スタッフのみなさん

平成31年2月19日(火曜日)に『パールモンドール 二十四軒店』(二十四軒1条4丁目6-7)が、「食の安全・安心おもてなしの店」に登録されました。 

同店は平成2年11月に食品衛生優良施設として札幌市長表彰、平成8年に札幌市保健所長表彰、平成13年には厚生労働大臣表彰を受けておりますが、これに加え、禁煙、アレルギー表示、外国語メニューに取り組んでいます。

パールモンドールボード

 

お店からのコメント「パールモンドールの支店として昭和49年に二十四軒にお店を構えて以来たくさんのお客様に支えられてきました。これからも、洋菓子の心を大切に最高の洋菓子を作り続けてまいりますので是非ご来店ください。」 

 

 

 

 

 

 

<トピックス・協定>平成31年2月13日『鮨 さいとう』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

さいとう

左から札幌市保健所・酒井課長、さんかくやまベェ、店主の齊藤智行さん

 平成31年2月13日(水曜日)、さんかくやまベェが『鮨 さいとう』(琴似1条1丁目7-6)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同店は平成30年11月29日に協定を締結し、衛生管理の徹底や素材の厳選等をマイルールとし、食の安全・安心に取組むこととしています。

さいとう協定

 

店主の齊藤さんからのコメント「これからも施設の衛生管理を徹底し、季節感を大切にした旬のネタや料理を、手間を惜しまず調理し提供します。ぜひご来店ください。」

 

 

 

 

 <トピックス・協定>平成31年1月25日『喫茶 オリオン』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

喫茶オリオン

左から店主の佐藤実さん、さんかくやまベェ、札幌市保健所・酒井課長

 平成31年1月25日(金曜日)、さんかくやまベェが『喫茶 オリオン』(発寒5条3丁目12-3)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同店は平成30年11月29日に協定を締結し、地産地消や衛生管理の徹底等をマイルールとし、食の安全・安心に取組むこととしています。

喫茶オリオン2

 

店主の佐藤さんからのコメント「地域の交流の場を目指して開店した当店は、2月で1周年を迎えました。白老牛を使ったカレーなど“地元や旬の食材”にこだわった手作りの料理や“スペシャルティコーヒー”を提供し、これからもお客様が安心して過ごし、交流できるお店を目指していきますので、ぜひご来店ください。」

 

 喫茶オリオン facebook(外部リンク)

 

<トピックス・協定>平成31年1月23日『misaki coffee and roastery』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

 ミサキさん

 左から札幌市保健所・酒井課長、さんかくやまベェ、店主の三崎直樹さん

 平成31年1月23日(水曜日)、さんかくやまベェが『misaki coffee and roastery』(西町北18丁目5-14)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同店は平成30年11月29日に協定を締結し、原材料へのこだわりや食品の管理への徹底等をマイルールとし、食の安全・安心に取組むこととしています。 

ミサキ協定暑

 

 店主の三崎さんからのコメント「木調の落ち着いた店内で自家焙煎のコーヒーやランチメニューをお楽しみいただけます。コミュニティベースのカフェとして、地域の皆様に親しんでいただけるカフェを目指します。」

 

 

 

<トピックス・協定>平成31年1月10日『たこやき 利久』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

たこやき利久

左から店主の坂井広幸さん、さんかくやまベェ、札幌市保健所・酒井課長

 平成31年1月10日(木曜日)、さんかくやまベェが『たこやき 利久』(発寒4条4丁目3-15)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同店は平成30年11月29日に協定を締結し、お店の衛生管理と清潔保持の徹底等をマイルールとし、食の安全・安心に取組むこととしています。 

たこやき利久協定書

 

店主の坂井さんからのコメント「お客様に“出汁を効かせ、ふわふわに焼き上げた当店自慢の大玉のたこやき”を安心して味わっていただけるよう、店内の清潔保持、衛生管理を徹底します。ぜひ熱々を店内でお召し上がりください。」

 たこやき 利久ホームページ(外部リンク)

  

 

<トピックス・協定>平成30年12月27日『プルマンベーカリー 宮の沢駅前店』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

プルマン

左から札幌市保健所・酒井課長、さんかくやまベェ、立原和臣代表取締役

平成30年12月27日(木曜日)、さんかくやまベェが『プルマンベーカリー 宮の沢駅前店』(西町北20丁目4-10)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同店は10月31日に協定を締結し、地産地消や温度管理の徹底等をマイルールとし、食の安全・安心に取り組むこととしています。

プルマン協定書立原代表取締役からのコメント「私たちはこれまで、北海道で30年以上に渡り“安全で安心な家庭で作るパン作り”を原点に、身体にやさしいパンを作り続けてきました。これからも、地元で愛されてきた美味しいパンの味を、より多くのお客さんにお届けできるよう頑張ります。」

 

 

  

<トピックス・おもてなしの店>平成30年11月27日『満月食堂』に、さんかくやまベェがおもてなしの店PRボードをお届けしました。

 満月食堂

 左から店主の吉田さん親子、さんかくやまベェ、札幌市保健所・酒井課長

平成30年11月27日(火曜日)に『満月食堂』(発寒13条3丁目7-32)が、「食の安全・安心おもてなしの店」に登録されました。 

同店は平成13年10月に食品衛生優良施設として札幌保健所長表彰を受けておりますが、これに加え、アレルギー表示、外国語メニューに取り組んでいます。

満月食堂ボード

 

 

お店からのコメント

「地域の皆様にご愛顧いただき、創業52年を迎えました。真心を込めて手作りした料理を提供し、これからも地域の皆様に愛される続ける食堂を目指します。ぜひご来店ください。」

 

 

 

 

<トピックス・おもてなしの店>平成30年11月13日『不二家 琴似中央店』に、さんかくやまベェがおもてなしの店PRボードをお届けしました。

 不二家

左から札幌市保健所・酒井課長、さんかくやまベェ、市田雅信代表取締役

平成30年11月13日(火曜日)に『不二家 琴似中央店』(琴似1条4丁目2-12)が、「食の安全・安心おもてなしの店」に登録されました。

同店は平成23年9月に食品衛生優良施設として札幌保健所長表彰を、平成30年1月には札幌市長表彰を受けておりますが、これに加え、アレルギー表示、外国語メニューに取り組んでいます。

不二家ボード

 

市田代表取締役からのコメント「当店は、地域の皆様からご愛顧いただき、創業から42年となりました。これからも安全・安心でおいしいケーキをご家庭にお届けいたしますので、是非ご来店ください。」

 

 

 

 

 

  

<トピックス・おもてなしの店>平成30年10月30日『スナック 再会』に、さんかくやまべェがおもてなしの店PRボードをお届けしました。

 再会さん

右から店主の薮田令子さん、お店のスタッフとさんかくやまべェ

平成30年10月30日(火曜日)に『スナック 再会』(発寒12条3丁目9-10)が、「食の安全・安心おもてなしの店」に登録されました。

同店は平成17年10月に食品衛生優良施設として札幌保健所長表彰を、平成21年1月には札幌市長表彰を受けておりますが、これに加え、アレルギー表示、外国語メニューに取り組んでいます。

再会ボード

 

 

店主の薮田さんのコメント「西区発寒で営業をはじめ、あと1年で50周年を迎えます。地域の皆様に愛される店づくりをめざし、スタッフ一同『おもてなしの心』を常に大切にしています。」

 

 

 

 

<トピックス・協定>平成30年6月5日『特別養護老人ホーム 手稲リハビリテーションセンター』に、さんかくやまベェが協定書をお届けしました。

 

 

手稲リハビリ

 

右から札幌市保健所・酒井課長、施設のみなさんとさんかくやまべェ

平成30年6月5日(水曜日)、さんかくやまベェが『特別養護老人ホーム 手稲リハビリテーションセンター』(宮の沢490番地)を訪問し、「さっぽろ食の安全・安心推進協定」の協定書をお届けしました。

同施設は5月10日に協定を締結し、さっぽろHACCP評価を受けている給食事業者と連携し安全・安心な食事を提供することや、施設の庭園整備に力をいれて環境活動に取り組むことで、施設の理念である"健康で家庭的な明るい笑顔のある施設"を目指すことをマイルールとしています。

手稲リハビリ協定書

 

三原施設長からのコメント「昭和49開設の特別養護老人ホームです。平成18年建替し全室個室のユニット型となりました。施設からの景色、庭園も最高です!見学等のご希望ありましたら担当相談員までご遠慮なく連絡ください。」

 

 

  

<トピックス・さっぽろHACCP>平成30年5月7日『軽食喫茶 パンプル』がエントリーステージの評価を受けました。

 軽食喫茶パンプル

左から店主の佐々木美智子さん、さんかくやまベェ、札幌市保健所・酒井課長

平成30年5月7日(月曜日)に『軽食喫茶 パンプル』(発寒4条3丁目4-33)が、「さっぽろHACCP」のエントリーステージの評価を受けました。 

同店は、食品衛生優良施設として、平成14年11月に札幌市保健所長表彰、平成17年1月には札幌市長表彰を受けておりますが、これに加え、アレルギー表示、栄養成分表示、外国語メニューに取り組んでおり、食の安全・安心おもてなしの店にも登録されています。また、今年で開業40周年を迎えましたが、開業当時から変わらず“全て手作りの料理”の提供を続けています。

軽食喫茶パンプル評価証 

 

店主の佐々木さんからのコメント「いままでも衛生管理の徹底を心がけてきましたが、今回のさっぽろHACCPは、改めて衛生管理を見つめなおす機会になりました。これからも、“手作りで安心・安全な食事を提供”できるよう、衛生管理に頑張って取り組んでいきたいです。」

 

 

 

 

 

 


 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市西区保健福祉部健康・子ども課

〒063-0812 札幌市西区琴似2条7丁目1-20

電話番号:011-621-4247

ファクス番号:011-641-0392