ここから本文です。

更新日:2019年10月8日

イベント案内

さっぽろ閑話を開催します

札幌の歴史のこぼれ話をお話するさっぽろ閑話を、以下のテーマで開催します。

事前申込不要。参加費無料。参加希望の方は、当日直接会場へお越し下さい。 

さっぽろ閑話チラシ(PDF:616KB)

さっぽろ閑話チラシ

令和元年 第2回さっぽろ閑話

今回のテーマは

「地域資料を守るために~札幌村郷土記念館と公文書館の関わりから~」です。

昨年9月6日の北海道胆振東部地震で東区は震度6弱を観測し、それにより同区にある札幌村郷土記念館の一部資料に被害が出ました。先の地震から早くも1年が経とうとしています。今回の閑話では、地震後の同館の活動と公文書館の関わりについて報告し、資料を守るための今後の課題についてお話しします。

日時:令和元年10月19日(土曜日)14時00分~(1時間程度)
会場:公文書館3階講堂
講師:佐々木 瑠美(札幌市公文書館専門員) 

令和元年 第3回さっぽろ閑話

今回のテーマは「札幌を描いた刊行物」です。

昔の札幌の様子を調べるとき、その時代に出版された要覧や観光案内、パンフレット、リーフレットは調査資料の一つとなります。明治のものでは、札幌の地理、沿革、官公庁や学校、会社など幅広い分野が取り上げられ、移住案内を兼ねる場合もありました。これがやがて市街図や旅程表、おみやげなどが掲載された、現在の観光案内に近いものへと変わっていきます。これら札幌に関する図書、パンフレットなどの刊行物の役割が、時代とともにどのように変化していったかについてお話しします。

日時:令和元年11月9日(土曜日)14時00分~(1時間程度)
会場:公文書館3階講堂
講師:池田 茜(札幌市公文書館専門員)

 

公文書館講演会の講演録を公開しています

講演会風景

 

 

 

 

 

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部公文書館

〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-2

電話番号:011-521-0205

ファクス番号:011-521-0210