ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

イベント案内

公文書館講演会を開催します。

公文書でひもとく《さっぽろ》の歴史をテーマとした講演会を開催します。

今回のテーマは『明治3年の札幌~島判官が去って』です。

明治3年2月、札幌での街づくりを開始した島判官が去った後、岩村判官が西地の状況視察に来た。

札幌にいた十文字大主典はその指示を仰ぐために小樽に赴き岩村と会談し、さらに様々な方針伺を出して岩村判官の判断を仰いだ。

明治4年春に岩村判官が来札して札幌の街並みを碁盤の目状にする方針で再度街づくりが開始された。

その間、札幌はどのようになっていたのだろう?

そのことについて資料に基づいて調べてみる。

  • 日時:平成31年5月25日(土曜日)14時00分~16時00分(開場13時30分)
  • 場所:公文書館3階講堂
  • 講師:榎本洋介(公文書館職員)
  • 定員:60名(申込多数時抽選)
  • 申込期間:平成31年4月3日(水曜日)~5月15日(水曜日)
  • 申込方法:札幌市コールセンターへ、電話、FAX、インターネットのいずれかの方法でお申し込み下さい。(行事名、郵便番号、住所、氏名、電話番号をご連絡下さい。FAXの場合はFAX番号もお知らせ下さい。)
  • 電話:011-222-4894、FAX:011-221-4894
  • インターネット:https://www.city.sapporo.jp/callcenter/uketsuke/index.html

講演会チラシ(PDF:1,871KB)

講演会チラシ

 

公文書館講演会の講演録を公開しています

講演会風景

 

 

 

 

 

 


Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部公文書館

〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-2

電話番号:011-521-0205

ファクス番号:011-521-0210