ここから本文です。

更新日:2015年7月22日

化学物質排出量等の届出

  • PRTR法と札幌市条例では、使用する様式が異なりますので、お間違えのないようご注意ください。
  • PRTR制度に基づく届出の詳細については、「化学物質の適正管理(PRTR法など)」をご覧ください。

化学物質排出把握管理促進法(PRTR法)に基づく届出に使用する様式

様式番号

様式名称

説明・注意事項

様式第1 第一種指定化学物質の排出量及び移動量の届出書
  •  PRTR法に基づく化学物質の排出量等の届出を書面で行う場合に使用する様式です。 (市条例による排出量等の報告とは異なります。ご注意ください。)
  • 書面による届出を行う際は、「PRTR届出作成支援システム/PRTR届出作成支援プログラム 」(独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE))を使用して届出書を作成することをお勧めします。入力補助機能入力ミスチェック機能があるため、記載ミスを減らすことができます。
  • 押印忘れにご注意ください(届出者本人(法人の場合はその代表者)が自署する場合を除きます)
  • 届出は本紙別紙から成ります。どちらか片方では受付できません。
  • 宛先部分を様式のまま、「主務大臣(都道府県知事)殿」とせずに、業種に対応した大臣名と提出先の自治体首長名を記入してください。

    例:燃料小売業の場合 → 「経済産業大臣(札幌市長)」と記載

  • 別紙の数値は有効数字2桁としてください。

    例:「12.2」→「12」と記載、「9.98」→「10」と記載

  • 排出量がゼロとなる場合は空欄とせず「0.0」と記入してください。
  • 記載にあたっては、「届出の手引き」(環境省)を確認の上、記入ミス防止にご協力ください。
様式第4 電子情報処理組織使用届出書
  •  電子届出システムの使用を始める前に提出する様式です。
様式第5 電子情報処理組織変更(廃止)届出書
  •  電子届出の使用届出の内容に変更が生じた場合、または電子届出システムの使用をやめる場合に使用する様式です。
  • この手続きは電子届出のシステム上で可能です。
 (様式第1の変更届) 変更届出書
  •  一度提出した届出の内容を修正する場合に使用する様式です。修正した様式第1と一緒に提出してください。

過年度新規届出書

過年度の新規届出を行う場合に使用します。

こちらに無いPRTR法関連の様式については、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)のページより入手してください。

札幌市生活環境の確保に関する条例に基づく報告に使用する様式

次のページに掲載しています。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108