ここから本文です。

更新日:2020年6月1日

ニュース・イベント情報

埋蔵文化財展示室開館(再開)のお知らせ

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、4月14日~5月31日まで臨時休館としておりました「埋蔵文化財展示室」につきまして、下記のとおり開館(再開)いたします。

 

【開館(再開)日時】

開館(再開)日:令和2年(2020年)6月1日(月曜日)から

開館時間:8時45分~17時15分

休館日:国民の祝日、振替休日、年末年始(ただし、11月3日は開館)

 

【来館される方へのお願い】 

来館される皆さまに、次の事項についてご協力をお願いいたします。

○ 来館される前に体温を測定し、発熱があった場合は、来館をお控えください。

○ 次のいずれかにひとつでも該当する場合は、入館をお控えください。

高熱等の強い症状のある方

咳(せき)咽頭痛(のどの痛み)などの症状のある方

 ※咳、息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、咽頭痛、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、目の痛みや結膜の充血、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐

過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方

○ 入口に消毒用アルコールを設置しておりますのでご利用ください。

○ マスクを着用してください。

○ 咳エチケットを守ってください。

○ 館内では、会話を控えてください。

○ 館内では、他のお客様と十分な距離を取ってください。

○ 展示品・展示ケースに触れないでください。

○ 館内での長時間の滞在はご遠慮願います。

○ 感染者が発生した場合、ホームページ等でお知らせいたしますので、ご自身で来館日時を記録願います。

 

 【感染症拡大防止のための利用制限・取り組みについて】

来館される皆さまに安心して観覧いただけるよう、感染症拡大防止に努めてまいりますので、当面の間、ご理解ご協力をたまわりますよう、お願いいたします。

  ○ 不特定多数の方が触れる体験道具・土器レプリカ・パソコンは撤去し、当面の間、体験コーナーの利用を休止いたします。

 ○ 出入口扉を開放し、定期的な換気を行います。

 ○ 団体見学・展示解説につきましては、当面の間、ご利用・お申し込みを休止させていただきます。

 

なお、今後の状況により、市有施設利用情報に変更がある場合には、あらためてホームページなどでお知らせいたします。

 

 (令和2年5月31日更新)

 

★令和2年度札幌市埋蔵文化財センター速報展「発掘された札幌の遺跡―発寒川流域の出土遺物とともに―」開催のお知らせ

令和元年度に発掘調査を実施した1ヵ所の遺跡について、土器や石器等の出土遺物を展示するとともに、発掘調査の写真パネルで発掘成果の最新情報を紹介します。

速報展チラシ(JPG:479KB)

展示内容

K556遺跡出土の遺物と調査記録写真パネル

関連遺跡(K496遺跡・N156遺跡)出土の遺物

入場方法

申込不要、入場無料、入退場自由

展示期間

令和2年4月1日(水曜日)~令和2年11月30日(月曜日)

展示場所

札幌市埋蔵文化財センター展示室(札幌市中央区南22条西13丁目)

開館時間

8時45分~17時15分

休館日

国民の祝日、振替休日※5月3日~5日、11月3日を除く

お問い合わせ

札幌市埋蔵文化財センター(電話011-512-5430)

 

(令和2年4月1日更新)

 

おかだま縄文ボランティア新規募集のお知らせ

丘珠縄文遺跡の運営をサポートしていただく「おかだま縄文ボランティア」を新規募集いたします。
応募条件や申込方法の詳細については、おかだま縄文ボランティアのページをご確認願います。

 

札幌市埋蔵文化財包蔵地分布図を更新しました

札幌市埋蔵文化財包蔵地分布図」を平成30年4月現在に更新しました。

札幌市役所2階「市政刊行物コーナー」にて販売している「札幌市埋蔵文化財包蔵地分布図」(3万分の1)平成27年3月発行版(1部440円)には、平成30年4月現在の追加資料(無料)を添付しておりますので、ご購入の際は必ず確認のうえ、お買い求めください。

(平成30年8月16日更新)

 

 

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467