ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

施設案内

施設改修工事終了のお知らせ

札幌市中央図書館・埋蔵文化財センターの内部改修及び外構(駐車場整備を含む)工事が終了し、平成30年6月1日(金曜日)より通常通りのご利用ができます

当施設をご利用の皆さまには、長期間にわたってご不便をお掛けいたしましたが、ご理解・ご協力いただき、誠にありがとうございました。

 

施設案内

展示室リニューアルオープンチラシ(JPG:1,642KB)

 

大昔の人びとが生活していた住居やお墓などを遺跡といい、土器や石器などの道具類を遺物といいます。これらは土の中に埋もれているため埋蔵文化財と呼ばれています。
埋蔵文化財は、先人たちの歩みが記録されたタイムカプセルのようなものです。国民共有の文化遺産として大切に保護し、後世に引き継いでゆくことが大切です。
埋蔵文化財センターは、埋蔵文化財の保存に関する相談や遺跡の発掘調査、出土した遺物・記録などの整理・研究、収蔵・展示を行う施設として、平成3年3月に開館しました。

 

☆埋蔵文化財展示室☆

 

1.札幌の埋蔵文化財

N30遺跡出土土偶をはじめ、市内の遺跡分布図、年表などを展示しています。

N30遺跡出土土偶

札幌の埋蔵文化財

 

2.埋蔵文化財センターの仕事

埋蔵文化財センターが行う、相談・協議、発掘、整理・報告、収蔵・展示について解説しています。

埋蔵文化財センターの仕事

 

3.札幌市指定有形文化財

旧琴似川流域の竪穴住居分布図(レプリカ)を展示しています。

札幌市指定有形文化財

 

4.遺跡から見た札幌

旧石器文化、縄文文化、続縄文文化、擦文文化、アイヌ文化期、それぞれの文化を伝える遺跡と、出土した遺物を展示しています。

遺跡から見た札幌1 遺跡から見た札幌2

遺跡から見た札幌3_縄文土器

 

5.企画展・速報展

さまざまなテーマ設定で作る企画展や、前年度の発掘調査成果をいち早くお知らせする市内遺跡発掘速報展を行います。

企画・速報展

 

6.体験コーナー

舞きりを使った火起こし体験ができるほか、職員が作成したさまざまな形の土器をさわって遊べるコーナー、タッチパネル式のパソコンで縄文人体験などもできます。

体験コーナー

 

リーフレット表紙

☆利用案内☆

展示室

開館時間/8時45分~17時15分
休館日/国民の祝日、振替休日、年末年始
(ただし、5月3~5日、11月3日は開館)

 

埋蔵文化財保護業務

月曜日~金曜日/8時45分~17時15分
休業日/日曜日、土曜日、国民の祝日、振替休日、年末年始

 

交通機関

市電/「中央図書館前」下車
じょうてつバス/南4、南54、南64真駒内線、南55藻岩線「南21条西11丁目」、
7・8定山渓線(豊平峡温泉線)「南21条西11丁目」下車

 

埋蔵文化財センター位置図

〒064-0922
札幌市中央区南22条西13丁目
TEL011-512-5430
FAX011-512-5467

札幌市埋蔵文化財センター位置図H28版

このページについてのお問い合わせ

 札幌市埋蔵文化財センター

〒064-0922 札幌市中央区南22条西13丁目1-1

電話番号:011-512-5430

ファクス番号:011-512-5467