ここから本文です。

更新日:2016年4月1日

地域での支えあい

福祉のまち推進事業
福祉のまち推進センター
福祉除雪
ふれあい・いきいきサロン

福祉のまち推進事業

少子・高齢化が進む中、市民と行政がそれぞれの立場で協力し合い、だれもが安心して暮らすことができる地域社会をめざし、札幌市社会福祉協議会・各区社会福祉協議会と札幌市が協力して「福祉のまち推進事業」を進めています。

目的

この事業は、幅広い市民の福祉活動の参加により、地域ぐるみで互いに支え合う環境を整え、だれもが安心して暮らせる地域社会をつくることを目的としています。

基本目標

●地域住民の日常的な支え合い活動の推進

日常生活の延長上でできる範囲のことについて、互いに温かい心配りをし合う、小地域(単位町内会などの小さな地域)での支え合い活動を推進します。

●ボランティアによる福祉サービスの推進

日常的な支え合いでは解決できないニーズに対して、市民ボランティアによる福祉活動を推進します。

問い合わせ先

各区社会福祉協議会または各区保健福祉課(活動推進担当)

 

福祉のまち推進センター

福祉のまち推進事業を進めていくために、市民の方々による自主的な福祉活動を行う組織として地区社会福祉協議会(おおむね連合町内会)ごとに「地区福祉のまち推進センター」を設置し、各地区で活動を行っています。

また、各区の社会福祉協議会には「区福祉のまち推進センター」が設置されており、地区福祉のまち推進センターの活動の支援や、区内のボランティア活動の振興を図っています。

地区福祉のまち推進センター

活動の対象となる方

地区内に住んでいる次のような方が対象となりますが、それぞれの地区の実情に応じて異なっています。

・ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯

・障がい者世帯

・子育て中の世帯等

援助活動内容

軽易な日常生活支援活動、交流活動、広報啓発活動など。具体的には次のような活動が行われていますが、それぞれの地区の実情に応じて、話し合いながら決めています。

活動内容例

●軽易な日常生活支援活動

電話や訪問、点灯・消灯の確認などによる安否確認、話し相手、簡単な家事援助(買物、ごみ捨てなど)、除雪等

●交流会活動

会食会、ふれあい・いきいきサロン等

●研修活動

ボランティア研修、地域福祉研修等

●広報・啓発活動

福祉のまち推進センターだよりの発行、チラシの配布等

区福祉のまち推進センター

役割

●地区福祉のまち推進センターの活動への支援

活動費の助成、活動のための情報提供、活動内容の提供や実施方法についての助言、指導

●ボランティア活動センターとして

ボランティア活動についての相談や情報提供、活動する場の紹介、ボランティア講座や研修会の開催など

問い合わせ先

各区社会福祉協議会または各区保健福祉課(活動推進担当)

 

ふれあい・いきいきサロン

内容

高齢の方、障がいのある方、子育て中の方など、日々の生活に寂しさや不安を感じている方々の孤独感の解消や、生きがいづくりなどを目的に、公共施設や個人の自宅などで交流や親睦を図るための「たまり場(サロン)」活動です。

茶話会やレクリエーション、手芸や折り紙等の作品づくり、育児・生活情報の交換、親子でのおもちゃ遊びなど、活動内容は参加する方々で相談し合います。

札幌市社会福祉協議会では、ふれあい・いきいきサロンの運営に対して、アドバイスや活動費の一部助成を行っています。

ボランティアとしてお手伝いを希望される方も歓迎します。

問い合わせ先

札幌市社会福祉協議会(札幌市中央区大通西19丁目札幌市社会福祉総合センター3階 電話 011-614-3345)

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局総務部総務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2932

ファクス番号:011-218-5180