ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 札幌市要配慮者避難支援対策事業

ここから本文です。

更新日:2017年12月4日

札幌市要配慮者避難支援対策事業

要配慮者避難支援の取組支援について

災害が発生した直後など一刻を争うときには、行政による支援が間に合わないことが過去の災害の教訓からも明らかです。

このため、札幌市では平成20年から災害時の避難に支援が必要な方(要配慮者)の避難支援を隣近所や地域ぐるみで進めていただくため、「災害時支えあいハンドブック」等を作成し、地域における取組を支援しています。

平成20~22年度には、区ごとに1地区、全市で10地区を指定して「モデル事業」を実施しました。各年度のモデル事業報告書等は次のとおりです。

平成20年度モデル事業報告書(中央区、西区)

平成20年度モデル事業報告書(PDF:4,563KB)

平成21年度モデル事業報告書(北区、東区、白石区、豊平区)

平成21年度モデル事業報告書(1/4)(PDF:10,093KB)

平成21年度モデル事業報告書(2/4)(PDF:6,861KB)

平成21年度モデル事業報告書(3/4)(PDF:9,860KB)

平成21年度モデル事業報告書(4/4)(PDF:5,846KB)

 平成22年度モデル事業報告書(厚別区、清田区、南区、手稲区)

平成22年度モデル事業報告書(1/6)(PDF:4,915KB)

平成22年度モデル事業報告書(2/6)(PDF:6,983KB)

平成22年度モデル事業報告書(3/6)(PDF:7,873KB)

平成22年度モデル事業報告書(4/6)(PDF:8,672KB)

平成22年度モデル事業報告書(5/6)(PDF:10,235KB)

平成22年度モデル事業報告書(6/6)(PDF:7,940KB)

 活動取組事例

平成24年度に開催したフォーラムにおいて、他の地区の取組が参考になるとの声を受け、活動事例集を作成しました。

活動取組事例(1/3)(PDF:3,145KB)

活動取組事例(2/3)(PDF:9,168KB)

活動取組事例(3/3)(PDF:9,074KB)  

札幌市要配慮者避難支援ガイドラインについて

平成25年の災害対策基本法の改正により、新たに「避難行動要支援者名簿」の作成が市町村長の義務となりました。

この「避難行動要支援者名簿」の作成にあたり、平成20年3月に策定した「札幌市災害時要援護者避難支援ガイドライン」(策定時詳細のページ)の一部を改定し、平成27年3月に「札幌市要配慮者避難支援ガイドライン」を作成しました。

札幌市要配慮者避難支援ガイドライン

表紙~目次 札幌市要配慮者避難支援ガイドライン(PDF:207KB)

第1章~第2章 札幌市要配慮者避難支援ガイドライン(PDF:3,135KB)

第3章~第4章 札幌市要配慮者避難支援ガイドライン(PDF:5,282KB)

パブリックコメント(意見募集)の結果について

 札幌市要配慮者避難支援ガイドラインパブリックコメント意見集(PDF:3,019KB) 

避難行動要支援者名簿情報提供について

災害の発生又はそのおそれがある場合に、自ら避難することが困難で、速やかな避難を確保するために、特に支援を必要とする方たち(避難行動要支援者)に関する名簿情報を、避難支援等の実施に携わる団体(避難支援等関係者)に提供することができるようになりました。

詳しくはこちら→「災害に備えた地域での支えあい」(PDF:5,693KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局総務部総務課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2932

ファクス番号:011-218-5180