ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 税金 > 市税の納付 > 市税の減免と納税の猶予

ここから本文です。

更新日:2016年6月30日

市税の減免と納税の猶予

不幸にして火災・風水害などの災害や盗難にあわれたり、生活扶助を受けられるなど特別な事情がある場合には、その事情に応じて、税金を減免したり、納める時期を遅らせたり、分割して納められるようにする次の制度があります。

市税の減免

納税義務者が下の要件に該当する場合は、市税が減免されることがあります。減免を申し出る場合は、原則として、その税の納期の最終日までに申請書を提出してください。
なお、以下の要件以外でも、減免されることがあります。

 

税の種類

主な要件

問い合わせ先

個人市民税

  • 生活扶助などを受ける場合
  • 学生、生徒の場合
  • 災害(火災、風水害など)を受けた場合

お住まいの区を担当する市税事務所市民税課

固定資産税

  • 生活扶助などを受ける場合
  • 災害(火災、風水害など)を受けた場合

資産の所在する区を担当する市税事務所(償却資産分については中央市税事務所)固定資産税課

都市計画税

法人市民税

  • 収益事業を行わない公益法人等で、一定の要件にあてはまる場合

中央市税事務所諸税課

軽自動車税

  • 生活扶助などを受ける場合
  • 軽自動車等が災害により著しい損害を受けた場合
  • 身体などに障がいのある方のために使用する車で、一定の要件にあてはまる場合

事業所税

  • 天災などの場合

 納税の猶予

市税を一時に納付することができない方のために、一定の要件に該当する場合に納税を猶予する制度があります。

「市税を一時に納付できない方のために分割で納付できる猶予制度があります」リーフレット(PDF:239KB)

徴収猶予

以下のような理由により、市税を一時に納付することができないときに、担当の市税事務所に申請することで、納税が猶予される場合があります。
ただし、猶予期間は、原則として1年以内で、審査があります。

  1. 財産について災害を受けたこと、または盗難にあったこと
  2. 納税者またはその生計を一にする親族などが病気にかかったこと、または負傷したこと
  3. 事業を廃止したこと、または休止したこと
  4. 事業について著しい損失を受けたこと
  5. 本来の納期限から1年以上経過した後に、納付すべき税額が確定したこと

徴収猶予が認められると

  1. 市税の納税が猶予されます(猶予期間中に市税を分割して納付していただく場合があります。)。
  2. 財産の差押えや換価(売却)が猶予されます。
  3. 延滞金の全部または一部が免除されます。

申請の手続

申請期限

上記の理由のうち1から4までの理由による申請については、申請の期限はありません。
上記の理由のうち5の理由による申請については、納付すべき税額が確定した市税の納期限までに申請してください。

提出する書類
記載方法

「猶予の申請の手引き」(PDF:1,834KB)

提出先

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

その他

申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

換価の猶予

市税を一時に納付することにより、事業の継続または生活の維持を困難にするおそれがあるなどの一定の要件に該当するときに、担当の市税事務所に申請することで、1年以内の期間に限り、差押財産の換価(売却)が猶予される場合があります。
また、納税者からの申請によるほか、札幌市長の職権により猶予が認められる場合もあります。

換価の猶予が認められると

  1. 納税が猶予され、市税を分割して納付することとなります。
  2. 財産の換価(売却)が猶予されます。
  3. 延滞金の一部が免除されます。

申請の手続

申請期限

猶予を受けようとする市税の納期限から6か月以内

提出する書類
記載方法

「猶予の申請の手引き」(PDF:1,834KB)

提出先

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

その他

申請していただいた場合でも、却下となり猶予が認められない場合があります。
申請が承認された場合でも、猶予期間中に猶予の取消事由に該当したときは、猶予が取消となる場合があります。

 

お住まいの区を担当する市税事務所納税課

お住まいの区

お問い合わせ先

中央区

中央市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-211-3913

北区・東区

北部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-207-3913

白石区・厚別区

東部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-802-3913

豊平区・清田区・南区

南部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-824-3913

西区・手稲区

西部市税事務所納税課納税相談担当

電話:011-618-3913

(注)電話番号のお掛け間違いにはくれぐれもご注意ください。

(注)市税の窓口の業務時間は、平日8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)です。
ただし、各市税事務所の納税相談に限り毎週木曜日(年末年始、祝日を除く)は20時まで受け付けています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。