• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > あなたの地区・地区の出来事 > 宮の森大倉山地区の出来事

ここから本文です。

更新日:2018年3月19日

宮の森大倉山地区の出来事

ゲーム大会
2018年3月1日(木曜日)

介護予防講座&室内ゲーム大会が開催されました。
詳しくは宮の森大倉山NEWS

地域の最新情報は地域のブログでご覧いただけます。

 

地区の紹介

宮の森大倉山地区

大倉山ジャンプ競技場

宮の森大倉山地区は、明治4年に山鼻から本願寺の開拓農家12戸が移り住んだのが始まりです。
宮の森の名は、昭和の初めに秩父宮、高松宮両殿下が、ここでスキーを楽しまれたことから、大倉山は、ジャンプ台を寄進した大倉男爵の名から付いたものです。
戦前は、果実などの生産地でしたが、戦後は次第に住宅地に変ぼうしていきました。

大倉山ジャンプ競技場

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部宮の森まちづくりセンター

〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条11丁目1-3

電話番号:011-644-8760