ここから本文です。

更新日:2021年12月23日

繁殖に向けたユキヒョウの同居の実施について(2021年度)

ユキヒョウ・アクバル

ユキヒョウ・アクバル

公益社団法人日本動物園水族館協会が推進する国内ユキヒョウ管理計画では、現在の個体数減少を踏まえると、遺伝的多様性を維持しながら、より多くの繁殖ペアを形成し、繁殖を推進する必要があるとしております。

コハクの死亡後、繁殖優先度の高いシジムのペア形成について種別計画管理者と検討を進めてきたところですが、今シーズンは、過去に実績のある当園で飼育するアクバル(オス)とシジム(メス)で、繁殖に向けた同居を実施することとなりましたのでお知らせします。

同居の実施にあたり、ユキヒョウを観覧できなくなる場合がございますので、ご了承ください。

なお、事前に策定した同居計画に基づいて職員を獣舎に配置し、事故防止等の安全対策に努める予定です。

1.ユキヒョウ「アクバル」と「シジム」について
・アクバル:オス、2005年6月多摩動物公園生、2006年3月来園
・シジム:メス、2010年5月スウェーデンNordens Ark動物園生。

2.実施期間
令和3年(2021年)12月中旬から繁殖期が終了する令和4年6月までの発情時期(期間中はメスの発情兆候に合わせて同居を実施します)

3.同居方法
檻越しのお見合いから始め、2頭の状態を確認しながら、徐々に扉を開放して同居を進めていきます。
なお、平成31年に、この2頭で繁殖を目的とした同居を実施し、大きな闘争は見られませんでした。同年5月には出産に至っていますが、出生後まもなく仔は死亡しています。

4.同居場所
寒帯館ユキヒョウ舎の寝室4部屋を使用します(右図のピンク色の部屋)。寝室での同居においてペアの状態が良好であると判断した場合、屋外での同居も実施します(右図の水色の部屋)。

5 監視体制
同居計画に基づき、役職者及び獣医師各1名、飼育員3名以上で同居を見守ることとし、万が一の際には散水、騒音(爆竹など)等で気をそらし、扉を適宜開閉して個体を分けます。

6 ユキヒョウの展示について
同居を実施している時間帯は、右図のとおり、寒帯館周辺の立入りを制限するため、ユキヒョウをご覧いただけません。同居が順調に進んだ場合は、終日を 通して観覧できない場合もあります。

ユキヒョウ・シジム

ユキヒョウ・シジム

同居場所

同居場所

寒帯館の閉鎖

寒帯館の閉鎖について

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428