市営交通 > 交通局の取組み > 地下鉄・市電を安心して利用できるための取組み > エスカレーターの安全利用について

ここから本文です。

更新日:2019年10月23日

エスカレーターの安全利用について

札幌市交通局では、エスカレーター利用中の転倒事故を防止するため、手すりにつかまり、立ち止まって利用するようお願いしております。

また、平成23年度から、JR北海道と共同で作成したステッカー(下記参照)をエスカレーター付近に掲出して、安全な利用を呼び掛けています。

だれもが安心して快適に利用できる地下鉄にするために、皆様のご協力をお願いいたします。

【エスカレーター安全利用啓発ステッカー】

エスカレーター啓発

エスカレーター安全利用啓発ステッカー(PDF:130KB)

なぜ手すりにつかまり立ち止まらないといけないの?

エスカレーターの上を歩行すると、人とぶつかる危険性があります。
また、何らかの理由でエスカレーターの安全装置が働き緊急停止したときに、手すりにつかまって立ち止まっていないと転倒する危険性が高まります。
さらに、転倒した場合、自分自身だけではなく、周囲の利用者も巻き込む可能性があります。

エスカレーターは左右とも立ち止まって手すりにつかまってご利用ください。
(怪我などで左手で手すりをつかめない方もいらっしゃいます。)
お急ぎの方は階段をご利用いただきますようお願いいたします。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市交通局高速電車部業務課

〒004-8555 札幌市厚別区大谷地東2丁目4-1

電話番号:011-896-2742

ファクス番号:011-896-2793

表示の切り替え:
パソコン
モバイル