• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2021年6月1日

6月は「食育月間」です

6月は「食育月間」です。

この機会に、「早ね・早起き・朝ごはん」を実行して、元気な毎日を手に入れましょう!

朝ごはんを食べよう

朝イラスト

朝ごはんを食べることは、生活リズムを整えるためにとても大切なことです。
朝ごはんには、以下のようなメリットがあります。

  • 体のリズムを整える
    朝ごはんを食べるために少し早く起きるので、体のリズム、生活のリズムが整い、
    スッキリ目覚めます。

  • 体温を上げる
    朝ごはんを食べると体温が上がり、元気に動くことができます。
  • 脳にエネルギーを補給する
    前日の夕食後から脳のエネルギー源である「ブドウ糖」が補給されず、朝は脳が栄養不足の状態です。
    朝ごはんでしっかり栄養補給すると、集中力アップにつながります。
  • 2食より、3食の方が栄養バランスが整う
    昼食と夕食の2食しか食べない場合、一度にたくさんのエネルギー摂取を続けることになり、
    糖尿病にかかるリスクを高めてしまします。
    また、他の栄養素について、3食の方が体に必要な量をとることができます。

朝ごはんを食べるためのポイント

  • 簡単に食べられるものを準備しておく
    朝ごはんを作る時間がない方は、
    パン、コーンフレーク、納豆、トマト、バナナ、ヨーグルト、チーズなど、
    すぐに食べられるものを準備しておくと、調理せずに食べることができます。
  • 洗い物を少なくする
    ワンプレートに盛り付けたり、キッチンバサミを活用したり、食器のままレンジで調理するなど、
    洗い物が少なくなり、朝の時間を有効に使えます。
  • 前の晩など時間がある時に準備しておく
    メニューを決めておく、夕食準備時に材料を切っておく、多めに作って冷凍しておくなど、
    あらかじめ準備しておくと、調理時間を短縮できます。

主食・主菜・副菜をそろえよう

主食・主菜・副菜をそろえた食事をとると、体に必要な栄養のバランスが整いやすくなります。
毎食そろえて食べるのが望ましいですが、難しい方は、以下のように、できることから始めましょう。

【ステップ1】
朝食を食べていない方は、まずは何かを飲んだり食べたりすることから始めましょう。
おにぎりやパンなどの主食、バナナやエネルギー補給ができるドリンクから始めるのも良いです。

【ステップ2】
朝ごはんをなにか食べている方は、料理を2品に増やしてみましょう。
主食に加えて、主菜である魚や肉、卵、大豆製品などを組み合わせてみましょう。

【ステップ3】
ステップ2までできている方は、さらに料理を3品にしてみましょう。
主食・主菜に加えて、副菜であるサラダや和え物などを組み合わせてみてください。
さらに栄養バランスが整いますよ。

他にも、果物、乳製品を加えると、さらに栄養バランスが整います。1日のどこかで取り入れてみましょう。

主食・主菜・副菜

食育月間パネル展を開催します

食育月間に伴い、食育パネル展を開催いたします。御来庁の際はぜひお立ち寄りください。

各種リーフレット、レシピなども配架しておりますので、ご自由にお持ち帰りください。

日時 令和3年6月1日月曜日から6月11日金曜日まで
場所 厚別区役所1階健康情報コーナー、パネル展示コーナー
内容

朝食チェックパネル、ポスターの掲示。

区内で行われている食育の取り組みをご紹介するパネル等の展示。

レシピ集等の配架

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区保健福祉部健康・子ども課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-1881

ファクス番号:011-895-5922