ホーム > 観光・産業・ビジネス > 建築・測量・道路 > 建築物・建築確認 > 建築確認 > 法・条例に基づく指定等について > 建築基準法第22条区域について指定区域図付図(防火地域・準防火地域)を更新しました

ここから本文です。

更新日:2012年8月10日

建築基準法第22条区域について

建築基準法第22条区域とは?

建築基準法第22条第1項の規定により指定した区域で、建築物の屋根や外壁に一定の防火性能を確保させ、市街地の建築物の火災による延焼等の防止を図る区域です。本市では、都市計画区域全域を指定しており、市街地の不燃化を図っております。

区域の位置

札幌市では、都市計画区域全域を指定しています。(防火地域・準防火地域を除く)

※防火地域・準防火地域の位置の詳細については都市計画情報サービスをご覧ください

※都市計画区域=市街化区域全域+市街化調整区域全域

どのような規制があるか?

この区域内で建物を建てる場合には、建築物の屋根や外壁に防火上の措置が必要となります。

(建築基準法第22条、第23条及び第24条の規定による制限の概要)

建築基準法の条項

制限内容の概要

関係政令・告示等

第22条-屋根

政令・告示で定める技術基準に適合

大臣認定品

令109条の5

H12建告1361

第23条-外壁

政令・告示で定める技術基準に適合

大臣認定品

令109条の6

H12建告1362

第24条

特殊建築物の外壁

外壁・軒裏の延焼の恐れのある部分→防火構造

 

告示年月日等

昭和26年3月1日北海道告示第169号

平成24年8月10日札幌市告示第1902号(最終改正)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築指導部管理課 

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2859

ファクス番号:011-211-2823