ここから本文です。

更新日:2018年1月31日

受賞者一覧

成29年度札幌市民スポーツ賞につきましては、以下の6名、3団体の受賞が決定しました。

普及進展部門

村川 誠一(むらかわ せいいち)さん

和46年から札幌リュージュ連盟の常任理事、平成28年からは常務理事を務められ、リュージュ競技の発展にご尽力されました。また、札幌リュージュ少年団の指導員として参加以来、長年に渡りジュニア選手や若手選手への指導を行い、リュージュ競技の普及や競技力向上に取り組むなど、札幌市のスポーツ振興に大きな功績がありました。  

澤田 義盛(さわだ よしもり)さん

和56年から札幌陸上競技協会の理事・監事を歴任し、札幌市で開催される全国大会開催時の施設設備の責任者として大会を成功に導くとともに、平成29年からは副会長を務められ陸上競技の発展にご尽力されました。また、北海道マラソンや札幌マラソンの運営にも力を注ぎ、市民マラソンの発展に大きく貢献するなど、札幌市のスポーツ振興に大きな功績がありました。

本間 公康(ほんま ひろやす)さん

和49年から札幌ボート協会の理事・常任理事・副理事長を歴任し、平成22年からは副会長を務められボート競技の発展にご尽力されました。また、東北以北最大のボートの祭典である朝日茨戸レガッタの創設から参画し役員として活躍するなど、札幌市のスポーツ振興に大きな功績がありました。

大内 基樹(おおうち もとき)さん

和63年から札幌相撲連盟の幹事・理事・副理事長・事務局長を歴任し、同連盟の基盤をつくられるとともに、平成18年からは理事長として大会の誘致、相撲人口の増加に力を注がれました。平成24年からは副会長を務められ、現在は若手指導者の育成にご尽力されるほか、一般財団法人札幌市体育協会や札幌柔道連盟の理事も務められるなど、札幌市のスポーツ振興に大きな功績がありました。

奨励部門

真駒内体育振興会(まこまないたいいくしんこうかい)

和62年に設立して以来、真駒内桜山小学校の体育館の学校施設開放事業自主管理業務を受託し、所属団体の体育館利用を通じて、スポーツと体育の普及発展や住民の余暇活動等の振興に努めてこられました。また、真駒内地区連合会などの地域主催事業に協力し、地域住民の健康づくりにも貢献されてきました。こうした、永年にわたる活動は、札幌市のスポーツ振興の模範となるところであり、大きな功績がありました。 

三里塚体育振興会(さんりづかたいいくしんこうかい)

和57年に設立して以来、三里塚小学校の体育館の学校施設開放事業自主管理業務を受託し、大人から子どもまで誰もがスポーツに触れる機会を提供し、地域スポーツの拡大・振興に努めてこられました。また、自らの活動に加え、区内で開催される各種スポーツ事業への協力など、地域のまちづくりにも大きく貢献されてきました。こうした、永年にわたる活動は、札幌市のスポーツ振興の模範となるところであり、大きな功績がありました。

成績優秀部門

中村 直幹(なかむら なおき)さん

成29年1月:第28回ユニバーシアード冬季競技大会子ノーマルヒル混合団体

成29年2月:2017冬季アジア札幌大会ージヒル

東海大学スキー部(とうかいだいがくすきーぶ)

成29年2月:第90回秩父宮杯・秩父宮妃杯全日本学生スキー選手権大会子1部合準優勝

第85回~第89回大会子1部合優勝)

鷲見 仁義(すみ ひとよし)さん

成29年4月:平成29年度全日本カデ柔道体重別選手権大会55kg級

成29年5月:ポーランドカデ国際大会55kg優勝

平成29年8月:サンティアゴ世界カデ柔道選手権大会55kg級3位団体3位

平成29年9月:平成29年度全日本ジュニア柔道体重別選手権大会55kg級3位

過去の受賞者一覧

去受賞者一覧のページをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市スポーツ局スポーツ部企画事業課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西3丁目 ばらと北一条ビル6階

電話番号:011-211-3044

ファクス番号:011-211-3046

お問い合わせへの回答には数日かかる場合がありますので、ご了承ください。
お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。
【お問い合わせ対応時間】8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)