ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉・介護 > 障がい福祉 > サービスを利用するみなさまへ > 福祉用具 > 在宅で人工呼吸器等を使用する障がいのある方に非常用電源装置等の購入費用を助成します

ここから本文です。

更新日:2019年9月10日

在宅で人工呼吸器等を使用する障がいのある方に非常用電源装置等の購入費用を助成します

 

※令和元年10月より申請受付開始。

※市の助成決定前に購入した用品については助成の対象となりません。

目次

 制度の概要

 札幌市では、令和元年10月から、在宅で人工呼吸器や酸素濃縮器などの電気式の医療機器を使用する呼吸器機能障害のある方や難病患者の方など(以下「障がいのある方」といいます。)に対し、非常用電源装置等(以下「用品」といいます。)の購入に係る費用を助成する「札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成事業」(以下「本事業」といいます。)を実施します(下記の要綱参照)。

札幌市障がい者(児)等災害対策用品購入費助成事業実施要綱(PDF:123KB)

 対象となる方

 本事業の対象となるのは、札幌市の住民基本台帳に住民登録がある方で、次の1から3.のいずれかに該当する方です。ただし、医療機関等に入院中の方及び障害者施設等に入所中の方は助成の対象とはなりません。

  1. 呼吸器機能障害の身体障害者手帳の交付を受けている方
  2. 北海道が実施する「在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成事業」の助成を受けている方
  3. 1.,2.以外で、人工呼吸器や酸素濃縮器などの日常的に生命・身体機能の維持に必要な電気式の医療機器を使用している身体障がい者等で市長が特に認める者

 助成対象となる用品・性能・基準額

 助成の対象となる用品の種目、性能の要件及び助成基準額については、次の表のとおりです。
 ただし、用品の維持に要する経費(ガソリン、カセットガスボンベやエンジンオイル等の購入費などを含む点検・整備費などの費用)については、助成の対象とはなりません。

用品の種目

※以下の3種目のうち1つを選択

性能要件

基準額

正弦波インバーター

発電機

障がい者等又は介助者が容易に使用可能な、ガソリン又はガスボンベ等で作動する正弦波インバーター発電機で、定格出力が850VA以上のもの

120,000円

ポータブル電源

(蓄電池)

障がい者等又は介助者が容易に使用及び運搬可能な、蓄電機能を有する正弦波交流出力の電源装置で、定格出力が300W以上のもの

62,000円

DC/ACインバーター

(カーインバーター)

障がい者等又は介助者が容易に使用可能な、自動車用バッテリー等の直流電源(DC)を正弦波交流電源(AC)に変換する装置で、定格出力が300W以上のもの

30,000円

 自己負担額

 市民税の課税状況等に応じて、下表のとおり自己負担額が生じます。
 なお、助成を受けようとする障がいのある方本人又は障がいのある方が属する住民基本台帳上の同一世帯員(障がいのある方本人が18歳以上の場合は、本人及び同一世帯員である配偶者に限る。)のうち、最多納税者の市町村民税所得割の額が46万円以上の場合は、本事業による助成を受けることはできません。

世帯区分と自己負担額の表
市民税課税状況等 自己負担額
市民税非課税世帯・生活保護受給世帯 0円
市民税課税世帯

助成基準額の1割

(1円未満は切捨て)

※購入に係る費用と助成基準額との差額については、表の区分に関わりなく全額自己負担となります。

 手続について

1 購入する用品の選定・見積書の作成

 事業者(販売店)に、「札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金用見積書(様式2)」を持参し、購入する用品を選定した上で、事業者(販売店)に見積書の作成を依頼してください。

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金用見積書(様式2)(PDF:56KB)

(代理受領制度とは)

 「代理受領」とは、障がいのある方やそのご家族の負担軽減を図るため、障がいのある方等に代わって、事業者(販売店)が助成金の請求及び受領を行う制度です。本制度を利用して、障がいのある方等に代わり、助成金の請求及び受領を行うことができる事業者(販売店)は、札幌市が登録を行っている者に限られます。

 下表にある「代理受領登録事業者(販売店)」で購入する場合は、障がいのある方に代わって事業者(販売店)が札幌市(障がい福祉課)に助成金の申請を行いますので、障がいのある方は、自己負担額(「各用品の助成基準額の1割又は自己負担なし(0円)」+購入に係る費用と助成基準額との差額」)で購入することが可能となります。

  • 市民税課税世帯(例)

1. 市民税課税世帯で、税込138,000円(基準額超)の発電機を購入した場合の助成額と自己負担

「販売価格138,000円」-「札幌市助成額108,000円」=「自己負担額30,000円

2. 市民税課税世帯で、税込108,000円(基準額以下)の発電機を購入した場合の助成額と自己負担

「販売価格108,000円」-「札幌市助成額97,200円」=「自己負担額10,800円

  • 市民税非課税世帯、生活保護世帯(例)

1. 市民税非課税世帯で、税込138,000円(基準額超)の発電機を購入した場合の助成額と自己負担

「販売価格138,000円」-「札幌市助成額120,000円」=「自己負担額18,000円

2. 市民税非課税世帯で、税込108,000円(基準額以下)の発電機を購入した場合の助成額と自己負担

「販売価格108,000円」-「札幌市助成額108,000円」=「自己負担額0円

 

令和元年9月1日現在、代理受領登録を行っている事業者(販売店)は以下のとおりです。

障がい者等災害対策用品購入費助成事業代理受領登録事業者一覧(令和元年9月1日現在)

事業者名

(販売店名)

所在地・電話番号 取扱種目

正弦波

インバーター

ポータブル

電源

DC/AC

インバーター

発電機 (蓄電池) (カーインバーター)
白石 ホンダドリーム札幌 白石区北郷4条2丁目2-1

TEL:011-871-0055
厚別 ホーマック 厚別区厚別東5条1丁目2-10

厚別東店 TEL:011-809-5008
豊平 ホーマック 豊平区西岡1条8丁目8-1

西岡店 TEL:011-858-1717
西 ホーマック

西区発寒9条14丁目516番地210

発寒追分通店 TEL:011-669-3605

※代理受領登録があり次第、随時更新いたします。

2 区役所での申請(受付は令和元年10月からです)

  お住まいの区の区役所保健福祉課で、以下の書類を添えて助成の申請をしてください。

  • 札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金助成申請書(様式1)
  • 札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金用見積書(様式2)
  • 購入する用品のカタログ・チラシ等(コピー可)
  • 障がいのある方が属する住民基本台帳上の同一世帯員の所得等に関する証明書類 ※1
  • 次の1~3のうちいずれか1つ
  1. 呼吸器機能障害の身体障害者手帳
  2. 北海道が実施する在宅難病患者等酸素濃縮器使用助成認定証又は決定通知書
  3. 医師が作成した、人工呼吸器や酸素濃縮器などの日常的に生命・身体機能の維持に必要な電気式の医療機器を使用していることを証する書類 ※2 (1.、2.に該当しない方の場合)

※1 札幌市が所得等に関する情報を公簿により確認できる方は、書類の提出を省略できます。必要な書類については、お住まいの区役所の保健福祉課にお問い合わせください。
※2 主治医の署名・捺印があるもの。
 様式は自由ですが、記載すべき内容を示してほしいというご意見を頂いたため、下記に様式例をお示しします。

意見書・証明書例(PDF:231KB)

 

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金助成申請書(様式1)(PDF:107KB)

 

3 審査・助成の決定

 助成の決定は、保健福祉局障がい福祉課(電話211-2936)で行います。決定となった場合は障がいのある方に通知文、助成券、委任状及び請求書を送付します。また、見積を行った事業者(販売店)にも、通知文及び助成券の写しを送付します。なお、助成の要件に該当しない場合には却下決定通知書を送付します。

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金交付決定通知書見本(様式3)(PDF:59KB)

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成事業助成券見本(様式4)(PDF:53KB)

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金助成申請却下決定通知書見本(様式5)(PDF:51KB)

札幌市障がい者等災害対策用品購入費助成金用請求書(様式7)(PDF:41KB)

委任状(様式8)(PDF:39KB)

4 用品の購入・助成金の請求

 障がい福祉課から決定通知書、助成券等が届いてから、見積書を作成してもらった事業者(販売店)で用品を購入します。
 注)市の助成決定前に購入した用品については、助成の対象となりません。

  • 事業者(販売店)が本事業の代理受領登録を受けている場合、申請者は助成券、委任状及び請求書を事業者(販売店)に引き渡し、助成券に記載されている「5.障がい者等の負担すべき額」を支払います(障がいのある方の手続きはこれで終了です)。
  • 事業者(販売店)が本事業の代理受領登録を受けていない場合、又は障がいのある方が助成金の請求及び受領を事業者(販売店)に委任しない場合は、購入時に一旦全額を負担する必要があります。
    障がいのある方は、購入後、お住まいの区の区役所保健福祉課に請求書、助成券、用品購入の領収書(原本)を提出し、助成金の請求を行ってください。
    その後、保健福祉局障がい福祉課にて内容を確認し、不備がない場合は請求書を受け取ってから30日以内に、請求書記載の口座に公費負担額をお支払いたします。

 注意事項

 本事業の助成を受けて購入した用品について、助成の目的に反して使用し、譲渡し、交換し、貸与し又は担保に供してはなりません。また、本事業の助成を受けた方は、再度の助成を受けることは出来ません。

 お問い合わせ先・用品販売店からの請求書送付先

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課在宅福祉係

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目(市役所本庁舎3階南側)

電話011-211-2936

FAX011-218-5181

 「在宅酸素療法患者、在宅人工呼吸器使用者等の災害時の電源確保に関するアンケート調査」について

 平成30年9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震では、道内で最大震度7、札幌市内でも震度6弱を記録し、多くの家屋建物が被害を受け、大規模な停電や断水に見舞われるなど、市民生活にも大きな影響があったことから、障がいのある当事者や関係団体から様々な意見や要望があったところです。
 特に、在宅で人工呼吸器や酸素濃縮器を使用している障がいのある方や難病患者の方々からは、長時間の停電により人工呼吸器や酸素濃縮器が使用できなかったことから、これらの医療機器を稼動させることができる発電機等の購入に係る助成等を求める声が多く寄せられました。
 このことから、平成31年3月に市内に居住する「呼吸器機能障害」の身体障害者手帳を所持する障がい者(児)約1,300人を対象として、災害時の電源確保に関するアンケートを実施したところ、681人(回収率52.4%)から回答がありました。
 アンケートの内容や結果等について、お問い合わせ等を多く頂いておりますので、下記のとおり公表いたします。

 

在宅酸素療法患者、在宅人工呼吸器使用者等の災害時の電源確保に関するアンケート調査(PDF:122KB)

アンケート結果(PDF:126KB)

 


 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階 

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181