ここから本文です。

更新日:2019年7月31日

火災予防条例の改正概要等

「札幌市火災予防条例」及び「札幌市消防手数料条例」の改正概要等についてお知らせいたします。

<目次>

札幌市火災予防条例及び札幌市火災予防規則の改正情報 

「札幌市火災予防条例」、「札幌市火災予防規則」の一部が改正されましたので、お知らせいたします。

 

令和元年7月5日公布(令和元年7月5日施行) 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(令和元年条例第35号)(PDF:35KB)

概要

住宅用火災警報器を設置しなければならない居室等に、特定小規模施設用自動火災報知設備を設置した場合においては、住宅用火災警報器の設置を免除することを明示する規定を設けるための改正です。

施行

令和元年7月5日

関連ページ

「住宅用火災警報器」のページをご覧ください。

平成28年3月1日公布(平成28年3月1日施行) 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成28年条例第12号)(PDF:149KB)

概要

近年流通してきた新たな調理用器具である、グリドル付こんろ及び最大入力値5.8キロワット以下の電磁誘導加熱式調理器と可燃物等との間に設けるべき火災予防上安全な距離を新たに設定するための改正です。

施行

平成28年3月1日

平成26年10月6日公布(平成27年4月1日施行) 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成26年条例第58号)

札幌市火災予防規則の一部を改正する規則(平成26年規則第51号)

概要

情報公開の観点から、違反対象物の情報を速やかにホームページで公表することにより、市民への情報提供はもとより、違反状態の早期の是正も期待されることから、「防火対象物の消防設備の状況の公表」について制度化するとともに、消防法施行令の一部改正に伴い、「自動火災報知設備の設置基準」を見直すため、所要の改正を行うものです。

施行

平成27年4月1日

関連ページ

「消防法違反・火災危険情報」のページをご覧ください。

平成26年10月6日公布(平成26年10月6日施行) 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成26年条例第58号)

概要

市民自治推進の観点から、市民主体の防火安全対策を進めることができるように改正したものです。

第1条の条例の目的に、他の政令市では先例のない規定として、「市民生活の安全及び安心を推進すること」を明確に位置付けました。

また、市民が火災の予防や火災が発生した際にその被害を軽減するために、日常的にどのようなことに取り組んでおくべきかを明らかにするため、「市民が主体的に行動するための基本事項」として新たな章(第2章)を設けたものです。

施行

平成26年10月6日

関連ページ

「市民が主役の火災予防」のページをご覧ください。

平成26年6月12日公布 

札幌市火災予防規則の一部を改正する規則(平成26年規則第31号)

概要

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成26年条例第41号)の施行に関し、通知書の様式その他必要事項を定めるものです。

施行

平成26年8月1日

関連ページ

「催しにおける防火安全対策」のページをご覧ください。

平成26年5月30日公布 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成26年条例第41号)

概要

平成25年8月15日に発生した京都府福知山市花火大会火災を踏まえた消防法施行令の一部改正等に伴い、祭礼、縁日など多数の方が集まる催しにおいて火を使用する器具等を使用する方に対して、消火器を準備することを義務付けるほか、一定の大規模な屋外の催しにおける主催者に対して、防火担当者の選任、火災予防上必要な業務の計画の作成等を義務付けるものです。

施行

平成26年8月1日

関連ページ

「催しにおける防火安全対策」のページをご覧ください。

平成25年10月3日公布 

札幌市火災予防条例の一部を改正する条例(平成25年条例第39号)

概要

住宅用防災警報器に関する省令の改正により、住宅用防災警報器として、煙感知式のものに加え、熱感知式のものも含まれることとなったこと等に伴う所要の規定整備を行うものです。

施行

平成26年4月1日

関連ページ

「住宅用火災警報器」のページをご覧ください。

札幌市消防手数料条例の改正情報 

札幌市消防手数料条例の一部が改正されましたので、お知らせいたします。

 

令和元年7月5日公布 

札幌市消防手数料条例の一部を改正する条例(令和元年条例第34号)(PDF:65KB)

概要

「地方公共団体の手数料の標準に関する政令」の一部が改正され、危険物施設設置の許可等の審査業務に係る手数料が改正されたことに伴い、手数料を当該政令と同一金額にするものです。
この度の札幌市消防手数料条例改正に関係する申請は、浮き屋根式特定屋外タンク貯蔵所及び浮き蓋式特定屋外タンク貯蔵所等の設置の許可申請が該当しております。

施行

令和元年10月1日

平成30年3月29日公布 

札幌市消防手数料条例の一部を改正する条例(平成30年条例第19号)(PDF:131KB)

概要

「地方公共団体の手数料の標準に関する政令」の一部が改正され、危険物施設設置の許可等の審査業務に係る手数料が改正されたことに伴い、手数料を当該政令と同一金額にするものです。
この度の札幌市消防手数料条例改正に関係する申請は、特定屋外タンク貯蔵所等の設置の許可申請、完成検査前検査の申請及び保安検査の申請が該当しております。

施行

平成30年4月1日

平成26年3月28日公布 

札幌市消防手数料条例の一部を改正する条例(平成26年条例第28号)(PDF:37KB)

概要

「地方公共団体の手数料の標準に関する政令」の一部が改正され、危険物施設設置の許可等の審査業務に係る手数料が改正されたことに伴い、手数料を当該政令と同一金額にするものです。
この度の札幌市消防手数料条例改正に関係する危険物施設は、指定数量の200倍を超える製造所、一般取扱所の設置等の申請、特定屋外タンク貯蔵所の設置等の申請等となっており、大規模な危険物施設が該当しております。
さらに、本市で実施しておりました、自衛消防業務追加講習のうち本講習に係る手数料の規定を削除しております。

施行

平成26年4月1日

パブリックコメントの実施 

※現在、ご意見の募集を実施している案件はありません。

  • 平成26年6月27日(金曜日)から同年7月28日(月曜日)まで、札幌市火災予防条例及び札幌市火災予防規則の一部改正案の素案に対する市民意見の募集を実施いたしました。
  • 平成26年3月5日(水曜日)から同年4月4日(金曜日)まで、札幌市火災予防条例の一部を改正する条例案の素案に対する市民意見の募集を実施いたしました。

法令リンク

 

詳細については、所轄消防署予防課にご確認ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040

ファクス番号:011-281-8119

札幌市消防局予防部査察規制課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2050

ファクス番号:011-281-8119