ここから本文です。

更新日:2017年9月6日

救急車適正利用

救急車を、本当に必要としている皆様のために…

札幌市における平成28年の救急出動件数は、91,426件となりました。

一年間を平均すると、救急車は、5.8分に1回の割合で出動しています。

出動件数は年々増加を続ける中で、同じ時間帯に出動できる救急車の台数は、限りがあります。

緊急性が高いなど、救急車を本当に必要としている皆様は、119番通報により救急車を要請してください。

ただし「蚊にさされた」「しゃっくりが続く」など、明らかに救急車を必要としない119番通報も増えています。

その他、タクシー代わりや、病院内の順番待ちを避けるために、救急車を要請する事例もあります。

以上のような要請が増えると、結果、救急車を本当に必要としている皆様への到着が遅れてしまいます。

救急車の適切な利用に、どうぞ、ご理解・ご協力をお願いします!

救急車を、本当に必要としている皆様のために…。

【救急車利用リーフレット】(総務省消防庁作成)

突然に、いつもと違う症状が現れた場合など、119番すべき状況をまとめたリーフレットです。

救急車を要請する場合の留意点なども掲載しています。(ダウンロードしてご覧ください。)

救急車利用リーフレット(PDF:2,045KB)

救急車の適正な利用リーフレット

ためらわずに119番すべき状況と、救急車の適正な利用をご案内するリーフレットです。

救急車の適正な利用に、どうぞ、ご協力をお願いします。(ダウンロードしてご覧ください。)

あなたの判断は正しいですか(PDF:691KB)

救急車はタクシーではありません(JPG:5,228KB)

救急車適正利用ステッカー

市民の皆様などへ、救急車の適正利用を呼びかけるため、ステッカーを作成しました。

作成したステッカーは、公共施設や大型集客施設における、休憩室やトイレに掲出しています。

市民の皆様が、ゆっくりと、落ち着いてご覧いただけるように、休憩室やトイレへを選んで掲出しました。

掲出する施設は、ステッカーの趣旨にご賛同をいただいた上、掲出にご協力をいただいています。

救急車適正利用ステッカー(PDF:661KB)(ダウンロードしてご覧ください。)

 

【札幌市内のイオンショッピングセンタートイレにおける掲出】

札幌市内のイオンショッピングセンタートイレにおける掲出

 

救急車適正利用動画「命にかかわるお願い」

 

命にかかわるお願い(高速回線用)

(高速回線用)

命にかかわるお願い(低速回線用)

(低速回線用)

この動画は、「安全・安心の普及啓発に関する協定」に基づき、平田智也さん(札幌医療福祉デジタル専門学校:情報システム科)により作成いただいた動画です。

「安全・安心の普及啓発に関する協定」は、地域のより安全で安心なまちづくりを目指すとともに、映像制作を志す学生の向学環境をよりよいものにするため、平成22年5月17日に締結しました。

この協定に、株式会社ゲオディノス、札幌方面中央警察署、札幌市消防局、札幌市保健所、札幌市大通まちづくり株式会社、札幌医療福祉デジタル専門学校、吉田学園情報ビジネス専門学校が参画しています。

お役立ち情報

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局警防部救急課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2070

ファクス番号:011-271-0610