ここから本文です。

更新日:2017年10月3日

救急出動状況

札幌市の救急出動状況 (平成28年)

札幌市における救急自動車『出動件数・搬送人員』は、年々、増加しています。

平成28年の救急出動件数は、91,426件となり、前年から2,919件増加し、過去最多の出動件数でした。

一年間を平均すると、救急車は、5.8分に1回の割合で出動しています。

搬送人員は79,383人となり、前年から2,749人増加し、過去最多の搬送人員でした。

搬送人員を平均すると、救急車により市民24.6人のうち1人が医療機関へ搬送された計算になります。

救急事故を防ぎましょう! (ページ内リンク)

 

出動件数

搬送人員

件数(件)

前年比

人員(人)

前年比

平成20年

69,875

-

62,788

-

平成21年

71,470

+1,595

64,041

+1,253

平成22年

75,575

+4,105

67,240

+3,199

平成23年

79,247

+3,672

69,843

+2,603

平成24年

83,277

+4,030

72,500

+2,657

平成25年

85,707

+2,430

73,850

+1,350

平成26年

88,162

+2,455

75,831

+1,981

平成27年

88,507

+ 345

76,634

+ 803

平成28年

91,426

+2,919

79,383

+2,749

出動件数と搬送人員の推移

 

出動件数について

平成28年 事故種別出動件数

最も多い種別は「急病」、次いで「一般負傷」、「転院搬送」の順です。

事故種別出動件数円グラフ

 

平成28年 行政区別出動件数

最も出動件数の多い区は中央区、次いで東区、北区と続きます。

行政区別出動件数棒グラフ

 

平成28年 月別出動件数

最も出動件数の多い月は12月、次いで8月、7月と続きます。

 月別出動件数棒グラフ

 

平成28年 曜日別出動件数

曜日別出動件数棒グラフ

 

平成28年 時間帯別出動件数

時間帯別出動件数棒グラフ

  

搬送人員について

傷病程度別搬送人員

最も多いのは「軽症」です。「軽症」は、全体の半数以上を占めています。

総数

軽症

中等症

重症

死亡

その他

平成20年

62,788

34,196

(54.5%)

25,149

(40.1%)

2,487

(4.0%)

911

(1.5%)

45

(0.1%)

平成21年

64,041

34,806

(54.3%)

25,697

(40.1%)

2,516

(3.9%)

955

(1.5%)

67

(0.1%)

平成22年

67,240

36,560

(54.4%)

27,157

(40.4%)

2,553

(3.8%)

914

(1.4%)

56

(0.1%)

平成23年

69,843

37,610

(53.8%)

28,469

(40.8%)

2,687

(3.8%)

1,011

(1.4%)

66

(0.1%)

平成24年

72,500

39,124

(54.0%)

29,590

(40.8%)

2,706

(3.7%)

1,047

(1.4%)

33

(0.05%)

平成25年

73,850

40,145

(54.4%)

29,965

(40.6%)

2,638

(3.6%)

1,062

(1.4%)

40

(0.05%)

平成26年

75,831

40,604

(53.5%)

31,346

(41.3%)

2,716

(3.6%)

1,134

(1.5%)

31

(0.04%)

平成27年

76,634

40,849

(53.3%)

31,992

(41.7%)

2,645

(3.5%)

1,125

(1.5%)

23

(0.03%)

平成28年

79,383

41,699

(52.5%)

33,747

(42.5%)

2,698

(3.4%)

1,228

(1.5%)

11

(0.01%)

※ 割合は、少数第二位を四捨五入しています。合計は100%にならない場合があります。

 

傷病程度別搬送状況円グラフ

軽  症:入院加療を必要としない。

中等症:3週間未満の入院加療を必要とする。

重  症:3週間以上の入院加療を必要とする。

その他:医療機関搬送後に受診しなかったもの等。

 

高齢者の救急搬送

札幌市において、高齢者の人口は年々増加しています。

高齢者の人口増加に併せ、高齢者の救急搬送も、年々増加しています。

高齢者に係る救急搬送状況の推移

 

  

 

平成28年 年齢別事故別搬送割合

年齢別事故別搬送人員の割合グラフ

  

平均所要時間について

  1. 救急隊の出動から、現場に到着するまでの所要時間 : 平均6.7分
  2. 現場への到着から、現場を出発するまでの活動時間 : 平均18.9分
  3. 現場を出発から、医療機関に到着するまでの所要時間 : 平均11.0分

救急活動に係る所要時間等の推移

  

 

救急事故を防ぎましょう!

 

救急事故は、予防できます。 救急事故を防ぎましょう!

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局警防部救急課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2070

ファクス番号:011-271-0610